【Google Adsense】「お客様のAdSenseアカウントでの広告配信を制限しました」への解決方法

青天の霹靂、Gmailへ突然広告配信の制限するとのメールが届きました。

お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました

本日はこちらのメールに対する解決法を紹介します。

不具合は数日前から

この正体不明のメールを受信する数日前から運営する当ブログに不具合がありました。

「googleの広告が表示されてない!!」

いつものあるべきところへの広告が不意になくなっていることに気づいたのです。

広告枠だけ残して空白。

何かの不具合かな?と考えGoogleAdSenseも確認してみましたが、原因究明には至りませんでした。

広告配信が制限された正体

そして今回の主題である「お客様のAdSenseアカウントでの広告配信を制限しました」のメールが届いたのでした。

広告配信が制限された理由

メールにはきちんとこの措置を取った理由の記載がありました。

不正に広告収益をあげる目的と思われる無効なトラフィックが検出されている

つまりAdSenseプログラムポリシーで固く禁止されている事項が実行されているのです。

Google広告は純粋な興味を抱いたユーザーによってクリックされるものでなければならず、他のユーザーに広告のクリックを依頼することは禁止されているのです。

広告配信が制限された行為

そして具体的には以下の行為が該当するようです。

・サイトのサポートをユーザーに依頼する行為

・広告を表示したユーザーに報酬を提供する行為

・そうした行為を行う第三者に対して資金提供を約束する行為

・自分の広告をクリックする行為

・自動クリックツールやトラフィック ソース、ロボットといった不正な行為を行うソフトウェアを使用する行為

実際にした行為

ここ数日ヒロヤンは自分でPythonのスクレイピングのテストを色々としていて実験場所を当ブログにアクセスさせていました。

しかしそんな行為も見逃さず取締るGoogleさんすげぇ。

解決方法

広告配信の制限が影響を与える期間は30日未満との記載がありました。

もちろんそれ以上となる場合もあります。

ポリシー遵守の上、大人しくスクレイピングはやめて待つことにしました。

広告配信の制限解除

解除されたことは制限から10日目にわかりました。

わかりました、と記載をしましたがgoogleさんから具体的なメールでの制限解除の連絡はなく、単に広告配信が復活されているのが認知できました。

8/12制限されまして、8/22に解除されました。

そして早速広告収益も復活しました。

ヒロヤン
これに懲りてもう二度と同じ過ちは犯しません・・・。

こんなことにも注意

GoogleAdSense狩りというのも発生しているそうです。

ヒロヤン同様にbotを使用しての同サイトへの連続的なアクセスであったり、特定の個人が何度も同じブログの広告に頻繁にアクセスするとgoogleさんが制限をかけます。

最後に

色々と調べてみると同様の事態に陥る人はいるみたいです。

そしてどのかたも1週間~10日目くらいには制限解除がされるみたいです。

解決の方法の結論としては、何もするな、でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です