2019年9月 読んだ本 〜哲学的な心情に迫る本を8冊〜

読書

2019年9月に読んだ本をまとめました。哲学的な書物が多かったかと思います。年代の古い本も多いです。

 「心を整える。」/長谷部誠(サッカー選手)/幻冬舎

概要:プロサッカー選手初の自己啓発書。誰もが実践できるメンタル術!心は整えるものではなく、整えるもの。いかなる時も安定した心を備える事が、常に力と結果を出せる秘訣だ。


ヒロ
一番メンタル術が現れたのは、著書にもある審判(中東の笛)とのやり取り。ただ抗議するだけではなく、可憐に味方にするなんて・・・

おすすめ度 ★★★☆☆

読みやすさ ★★★★★

おすすめする人:メンタルを整えたい人

 「超訳 ブッダの言葉 エッセンシャル版」/小池龍之介


ヒロ
ここまで物で溢れた日本においては、ブッダの言葉を実行するには難しいかもしれませんが、本質的な考えは生きる指針になります。特に「自分の内面を見つめる」というのは、非常に参考になりました。

おすすめ度 ★★★☆☆

読みやすさ ★★★★☆

おすすめする人:深呼吸したい人

 「絶景の世界遺産 ヨーロッパ編100」/成美堂出版


ヒロ
少し時を忘れて眺めるには丁度いい絶景写真の数々でした。

おすすめ度 ★☆☆☆☆

読みやすさ ★★★★☆

おすすめする人:ぼんやり眺めたい人

 「手相の健康法則復刻版」/樫尾太郎/東洋書院

概要:「手」は古代ギリシャ、インドの昔から、医者が患者の健康状態を見極める大きな手がかりであった。著者は、「手」によって、体の不調の根本原因である宿便の状態がわかると主張する。その研究結果の全てを図解で示したこの本が手許にあれば「手」が暗示する体と心の変調を、誰もが簡単に”解読”できるはずである。


ヒロ
健康である事が普通である。と気づかせてくれました。本の内容は、この手相は○○病の可能性がある・・・という記載が多いので、健康が普通である人にとっては少しネガティブなオーラに引き込まれてしまいそうでした。

おすすめ度 ★☆☆☆☆

読みやすさ ★★☆☆☆

おすすめする人:医学と手相に興味がある人

 「天才はあきらめた」/山里亮太/朝日新聞出版


ヒロ
山ちゃんの自伝。考え方はあの時○○だった、的な本です。物凄い嫉妬心、執着心、反骨心で今の地位を築いた山ちゃんですが、努力も比例して物凄く頑張られていると思います。

おすすめ度 ★★☆☆☆

読みやすさ ★★★★☆

おすすめする人:成功したい人

 「チーズはどこへ消えた?」/スペンサー・ジョンソン/扶桑社

概要:世界のトップ企業が研修テキストに使用する1999年度全米ビジネス書ベストセラー第1位の翻訳。


ヒロ
物語仕立てで、自分を客観的に見つめ直してくれる一冊です。「現状に満足していないか」、「周りの変化に気づかないでいないか」。不定期に何度も読み返したい本でした。

おすすめ度 ★★★★☆

読みやすさ ★★★★★

おすすめする人:少し立ちとまりしたい人

 「キミが働く理由(わけ)」/福島正伸/中経の文庫

概要:「まわりを信頼する。期待は自分自身にする」「どんな仕事も笑顔ですれば夢になる」「会社が自分に何をしてくれるかではなく、会社の為に何ができるかが問題」・・・等々、本書には著者自身の体験や、著者が出会ったすべての”働く人々”の素直な思いが込められています。働く喜び、人生を通して仕事をする意義に気づかせてくれる一冊です。


ヒロ
著者の体験談から導き出した、働くことのわけを考えさせる一冊です。人は惰性で働いている人もいるかもしれませんし、食うために働く人もいるかもしれませんし、自分の成長のためにそれぞれ意義を持って働いているかもしれません。働きながらも社会的地位や収入を満足しても満たされない人にとっても、本質の部分を教えてくれる、いや考えさせようとさせる内容となっております。

おすすめ度 ★★★★☆

読みやすさ ★★★★★

おすすめする人:働くことへの意義を見出したい人

 「世界一やさしい問題解決の授業」/福渡辺健介/ダイヤモンド社

概要:世界最高峰のコンサルティング会社で学んだ問題解決の考え方を中高生にもわかるように解説。学校では教えてくれない考える力のトレーニング。


ヒロ
ふと行き詰まった時に、どのような思考で問題を解決していくのか。その指針であったり体系的な物事の考え方を教えてくれる一冊でした。

おすすめ度 ★★★☆☆

読みやすさ ★★★★★

おすすめする人:物事にいき詰まった人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です