周防大島の絶品穴子丼

周防大島には、「瀬戸内のハワイ」と言われるだけあってギャング丼であったり、海鮮丼、カンボジア料理等ございますが、島での駐在経験が長い方より絶品穴子料理を紹介して頂き早速行ってきました。

 概要

名前は「割烹旅館 かわい寿し」です。割烹旅館というだけあって、夜はお酒を飲んでそのまま宿泊する事も可能です。

ノボリに海鮮丼、穴子丼、雲丹丼とあり

 営業時間

営業時間 : 11~21時

 場所

目の前が周防大島陸上競技場、周防大島お魚センターなので、そのまま歩いて買い物もできます!

 メニュー

 実食

月曜日の12時丁度にお店を訪れると1グループが注文をしていました。事前に周防大島で駐在経験がある方から穴子丼をが特にオススメという事で選びました。(お店のノボリにもありましたね!)注文してから20分・・・まだ来ない・・・30分・・・店内もお客さんで満員になりました。が、まだ来ない・・・・・・40分・・・来たーー!!!

デン!

第一声「・・・デカイです。」黄金に輝くツヤツヤの身!早速、口に運びます!

「・・・う、うまぁ。柔らか。」予想以上に穴子が柔らかい!箸で掴むとわずかにほころびてしまうような柔らかさです。

味は濃すぎず、薄すぎず、という丁度いい中間点でそれがご飯とも絶妙に合います。ちなみに、このご飯を掘り進めていくと、ご飯の中に穴子がヒツマブシのような形で入っています。

40分待たされた不安は何処へやら、あっという間に穴子丼の魅力に引き込まれてしまいました!

付け合わせのお漬物、鯛のお吸い物も絶妙でした。

他のお客さんは、海鮮丼や天ぷらを選んでいましたが、筆者は十分穴子丼で満足できました!また次回訪問時は海鮮丼もセレクトしてみたいです・・・。

夜に来ても宿泊して帰れますので、そのまま宴会をして寝て帰るというのも手かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です