初めてのDjangoデプロイ

django

インフラ環境完成後の設定の備忘録です。

からの続きになります。

 環境

  • さくら VPS
  • CentOS7
  • django 2.2 → のちに2.1
  • python3.6

 インストール

 python3のインストール

基本はroot ユーザーで動かします

 Djangoのインストール

 一般ユーザー(vpsユーザー)でdjangoの動作確認

 一般ユーザで開発用サーバの動作確認

以下の内容に編集

を下記に変更

開発用サーバの起動

エラーが出てきたので確認。

色々ネットで調べてみてDjangoのバージョンを下げてみることに

rootユーザーから

そして再度実行

うん、なんとかスタートしました。http://~:8000のサイトにアクセスしてもまだ何も見れません。

もしもの時に、Djangoを元に戻す時は下記コマンドで。

これも補足ですがMySQLには下記コマンドで入れます。

 本番環境の準備

yumでmod_wsgiをインストール

/etc/httpd/conf.modules.d/10-wsgi-python3.6.conf

ここに設定ファイルが作成されているので編集をします。

編集前

編集後

apacheの実行ユーザが /home/XXXXX の下を見れるようにしておきます

apache再起動

ちなみに

apache起動

停止は

ブラウザで

にアクセス。

無事できました。

スクールを利用して本格的に学ぶ

いかがでしたでしょうか?

10人中9人が挫折すると言われるプログラミングを、ヒロヤンも実はプログラミングスクールで学習をしてきたからで、結果、今はPythonエンジニアとして働いています。

挫折率が高いプログラミングこそお金を払ってメンターを付けて、道を見失わないように環境を構築する必要があるのではないでしょうか。

これはダイエットで自分一人では痩せられないけど、トレーナーを付けて否が応でもせざるを得ない環境を作ると一緒ですね。

ヒロヤンもプログラミング勉強開始直後はあれこれ悩みましたが、悩むよりも手っ取り早くスクールに登録した方が最短ルートで勉強できるのではないかと考え、結果挫折せずに今に至っています。

今なら無料でキャリアカウンセリングを行っているTechAcademyのようなプログラミングスクールもありますのでこれを機会に是非カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

TechAcademyで無料のカウンセリング

上記リンク先から無料相談ができます。

またこちら(↓)ではPython専用のプログラミングスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です