初めての《Django管理サイト》ログイン

modelsでデータベースを定義してマイグレーションの後、Djangoの管理サイトへはどのようにして入ったらいいんだ?と言うつまづきを備忘録で残します。

手順

modelsにモデルを作成

このあと下記コマンドでマイグレーションでファイルを作成

$python manage.py makemigrations

そして、マイグレーションの実行でデータベースの更新

$python manage.py migrate

この手順を踏むとmigrationsされた管理サイトができあがります。

試しに、管理サイトにリダイレクトしてみます。

$python manage.py runserver

から

http://127.0.0.1:8000/admin

へリダイレクトしてみます。

詰まったところ

ログインとパスワードがわかりません。

解決

解決方法としては、管理画面を利用できる管理者ユーザー (スーパーユーザー) を作成します。

$python manage.py createsuperuser

作成方法はターミナルに戻り、下記のコマンドを実行します。

上記のケースだと2行目に leave blank to use ‘ ‘ とありますが、「空白の場合だと勝手に’ ‘が指定されます。」と言う意味になるのでそのまま空白で進みました。

こちらで設定ができたので改めてログインとパスワードを使用して入ってみます。

完成ですね!

無事ログインできました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です