【環境良し】2週間経過・自社開発web系に就職してからの課題

就職して早くも2週間が経ちました。これまでやったことからすべき課題、考え方等を記載します。

前回の最初の1週間に関しては下記の記事を参照ください。

お金をもらいながら「勉強している」と言う人はプロ失格

社会人として常に意識をしていることですが、やはりお金をもらう以上は完全なるプロだと思います。実際に例えば飲食店で調理のアルバイトをしている人であっても日中は学生なのかもしれませんが、飲食店に入って調理着を身に纏って仕事をしている間は誰がなんと言おうと料理のプロだと思います。

散々偉そうなことを言いましたが、まだまだ自分のスキル不足は痛感しており一刻も早く知識及び技術を身につけ会社の戦力になれるようにアップデートをしていかなければならない感じたのがこの1週間で、現状はプロとは言い切れないモヤモヤ感に苛まれています。

経験したこと

2週間目で実際の業務で経験したことになります。

学んだこと
・AWSで環境構築

・vim操作

・html,css

AWSで仮想環境の構築

AWSに関しては触れた経験は全くありませんでした。まずは仕組みの理解から入り実際にサンドボックス内に仮想環境を構築してhtmlで「hello world!」を表示出来たような状況です。サーバは「Nginx」になります。

vim操作

正直実務未経験者だとcd,cd..,ls,とかこんな感じのコマンドだけだと思います・・・。と言うか私がそうでした。実務に入るとさらに発展して

  • ls -al
  • ps
  • chmod
  • greps
  • chown

より高度なコマンドを素早く利用することが求められます。これに関しては英単語の意味を理解しながら使用すれば恐らくすぐに身につけたれるのではないでしょうか。

html,css

プログラマーにとって基本中の基本かと思います。しかしより高度な使用を求められました。レスポンシブデザイン、mediaクエリ等、改めてcssの奥深さを触れました。

非常に充実した職場環境

前の会社にいた時は、常に誰かに話しかけられたりしょぼいメールのやりとり等で時間をすごく取られていましたが、エンジニアはあまり営業側と違って話しかけられないし、黙々とパソコンに向かって仕事ができるので非常に自分にとっては適性があるのではと考えました。

結果を出す

自社開発なので明確に「結果を出す」と言うことは目にみえて現状はありません。しかしslackや共有メールを見ていると「これ出来ない?あれ出来ない?」とうの質疑が飛び交っており、実際ヒロヤンレベルでも出来そうなことは何個かありました。先んずは早く自社サービスの全体像を把握した上で、業務が効率的になったり、利用者側の視点で何かサービスを提供できるような技術開発を早くしたいと思いました。

便利ツールを知る

先輩エンジニアよりhtml,cssでのテストをできるサイトを教えてもらいました。これが非常によく出来ており、やはりこのような知識は働かないとわからないなと思いました。

https://jsbin.com/?html,css,output

https://jsfiddle.net/

あとは個人的に業界用語のキャッチアップにこちらの本を読み終わりました。


最後に

現状は業務時間外でのスキルアップが全てだと感じました。

やること
・効率化できるところは効率化して少しの時間を捻出する

・とにかくスキルアップ。業務以外の時間を全て勉強に当てるイメージで。

・教えてもらったツールで自分のスキルを効率的に伸ばす

スクールを利用して本格的に学ぶ

いかがでしたでしょうか?

10人中9人が挫折すると言われるプログラミングを、ヒロヤンも実はプログラミングスクールで学習をしてきたからで、結果、今はPythonエンジニアとして働いています。

挫折率が高いプログラミングこそお金を払ってメンターを付けて、道を見失わないように環境を構築する必要があるのではないでしょうか。

これはダイエットで自分一人では痩せられないけど、トレーナーを付けて否が応でもせざるを得ない環境を作ると一緒ですね。

ヒロヤンもプログラミング勉強開始直後はあれこれ悩みましたが、悩むよりも手っ取り早くスクールに登録した方が最短ルートで勉強できるのではないかと考え、結果挫折せずに今に至っています。

今なら無料でキャリアカウンセリングを行っているTechAcademyのようなプログラミングスクールもありますのでこれを機会に是非カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

TechAcademyで無料のカウンセリング

上記リンク先から無料相談ができます。

またこちら(↓)ではPython専用のプログラミングスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です