#プログラミング未経験者 がTwitter離脱を防ぐ為のポイント

プログラマー初心者
気付いたらお気に入りのフォロー中のユーザーの更新が止まっている・・・

誰もが自由参加で有益な情報を取得・発信したりできるTwitter。ヒロヤンもやっているわけです。

いわゆる下記のハッシュタグをつけるような、プログラミングの勉強を始めたTwitterユーザーが突然消える2つのポイントを書いてみます。

  1. #プログラミング未経験
  2. #プログラミング初学者
  3. #駆け出しエンジニア

#プログラミング未経験者 のTwitterの有用性

そもそも#プログラミング未経験者 がTwitterを活用する理由ですが、それはユーザーの皆さんなら知っての通りです。

  • 有益な情報が多数手に入る
  • 知りたい情報にアプローチできる
  • インフルエンサーの考えを学べる
  • 同時期に始めたようなライバルの進捗状況を把握できる
  • 自ら情報発信ができる (などなど)

僕が始めた当初に有効活用していたのは、インフルエンサーのTweetを見ることでした。プログラミングの勉強の仕方を探してみたり、挫折しそうな箇所はインフルエンサーの優しいツイートに助けられた場面もありました。

Twitterを通してこれだけ有用な情報がシンプルに且つ的確に140文字以内で手に入るのは非常に良いですね。

と前置きが長くなりましたが本題です。

#プログラミング未経験者 消える2つのターニングポイント

プログラミングの勉強というのは、10人始めて9人が挫折するような世界です。ヒロヤンも挫折をしかけたことは多々あったのですが、ヒロヤンがフォローしていたTwitter民の消えた2つのターニングポイントは以下のようなところが多いような気がします。

難しくて理解できずに更新停止(~3ヶ月)

プログラミングの初期はhtml,cssを勉強し始めるかと思います。その後自分の勉強したい言語(PHP,Ruby,Python等)に挑戦していくわけですが、そこから更新停止者が多く見受けられます。

理由は単純明快で「分からない」からです。

「変数」って?「関数」って?「引数」って?

最初に一度にこれらを理解しようとすると必ず詰まります。そういうものだと割り切ることが必要なのです。しかしそこを理解しようがする為に深みにハマって投げ出し、更新が止まってしまっているような気がします。

就職して現場について行けず更新停止

「学習〇〇ヶ月目!ついに内定をもらいましたー!」なんてTweetもよく見かけます。そして更新停止する人たちの特徴として下記があげられます。

  • ベンチャー企業へ就職
  • SESなど就職した人(金融系とか)

ベンチャー企業への就職

ここで蒸発する人たちの特徴は、入社直後は「新型Mac!」「リモートワーク!」等良い部分をTweetしまくっているのですが、その後更新が途絶えます。

ヒロヤンもベンチャー企業なのですが、ベンチャー企業は小学生の頃からプログラミングを趣味でゴリゴリに遊んできた人たちがザルにいるので現場のレベルについて行けずに、居辛くなり蒸発してしまうケースではないでしょうか。

SESなど就職した人

SESは人材派遣なのでこの辺の悪いところはネットで探せばいくらでも出てきます。情弱者が割とこのあたりに就職して蒸発するケースが多いかと。

#プログラミング未経験者 が蒸発しない為に

ヒロヤンが思うに、やはりプログラミング実務未経験者の就職活動はエージェントを通してすべきだと考えます。自作したポートフォリオを面接先のエンジニアに見してもらうことでスキルレベルやできる・できないことの認知ができ、相互理解の上に仕事が成り立つので蒸発することはないかと思います。

面接を通していれば、現場のエンジニアも志望者のスキルレベルを把握できているので、ダメなら面接で落とせばいいだけの話ですし、可ならポテンシャル採用にすれば良いだけです。

まとめ

どうしてこのような更新停止の記事を書いたかというと、自分がそうならないように・・・という戒めでもあるのです。アラサーがweb系自社開発企業に就職したら、正直周りのスキルレベルが高すぎて引くことが多いです。上記でいう「ベンチャー企業への就職」に当たるわけですが。

とりあえず「更新とまりたくねぇ・・・」まぁこれも一種の習慣化なのかもしれませんが、飽きる以外で更新を止めずにキープしていくことっていうのは大事なことかもしれませんね。止まった時は僕がこの記事の通りに挫折した時です笑

まぁ、でもTwitterをそこまで本気になるなよ^^っていうのもあるのかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です