【AWS】webサーバーにnginxをインストールして起動する

AWSコンソールで新規インスタンスの起動ができたら、早速nginx(エンジンエックス)をインストールして起動してみましょう。

ここでは「nginxとは」の説明を省いて、もしくは既にnginxに関して知見がある人に向けてインストールに重点を置いて紹介をしていきたいと思います。

ゴール

ゴールは、インストール後にブラウザアクセスした時に、nginxのトップページが表示されている状態になることです。

まだnginxをインストールしていない状態で、ブラウザアクセスすると502のままだと思います。

前提条件

AWSのコンソール側での設定が全て完了済み

nginxのインストール

EC2でnginxをインストールするにはAWSに用意されているamazon-linux-etrasリポジトリからソフトウェアパッケージをインストールする必要があります。

上記コマンドを実行するとまもなく必要なモジュールのインストールの準備が行われます。

そしてインストールするかどうかの質問が来ますが、yと答えましょう。

これで完了です。

きちんとインストールできたかどうかはnginxのバージョン確認コマンドを実行してみましょう。

バージョン1.2がインストールされていることを確認できました。

初期設定ファイルのバックアップをとっておく

これから実行するコマンドはしてもしなくてもいいのですが、今後nginx.confファイルは編集を余儀なくされることが多々あり、仮に編集しすぎて自分でもわからなくなって、「もう初期状態に戻したい!!」なんてことがひょっとしたらあるかもしれません。

なので、念のために初期状態のnginx.confをコピーしておきます。

nginxを起動する

それでは準備ができましたので早速起動コマンドを入力します。

nginxの起動を確認する

nginxがきちんと起動できているかは起動確認コマンドを実行して確認をします。

問題なければ、緑色で、Active: active (running) と表示がされています。

起動していない状態だと、以下のような画面になります。

自動起動

無事起動ができたら、自動起動の設定も行いましょう。

毎回、startで起動させるのは非常に手間になりますからね。

これで設定が完了しました。

以上。

最後に

いかがでしたでしょうか。

以上が、「【AWS】webサーバーにnginxをインストールして起動する」の紹介記事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。