【django】DisallowedHost at / Invalid HTTP_HOST header:のエラーの解決方法

djangoのsettings.py由来のエラーの、DisallowedHost at / Invalid HTTP_HOST header:…に続くエラーの解決方法を紹介します。

DisallowedHost at / Invalid HTTP_HOST header: ‘127.0.0.1:8000’. You may need to add ‘127.0.0.1’ to ALLOWED_HOSTS.

原因

djangoのsettings.py中にある ALLOWED_HOSTS の初期状態は

のように空欄になっています。

本番環境にデプロイするにあたり、ALLOWED_HOSTSの配列の要素を編集することがトリガーとなり、エラーとして排出されることがあります。

解決方法

正しいIPアドレスを入力する

まず一つ目にALLOWED_HOSTSの配列に記入したIPアドレスの値は不一致が原因でひき起こるエラーです。

きちんと正しいIPアドレスを記入してあげることで解決することができます。

正しいドメイン名を入力する

LLOWED_HOSTSの配列に、間違えたドメイン名を記入した事によるエラーです。

きちんと正しいドメイン名を記入してあげることで解決することができます。

余計なカンマがないか確認する

pythonあるあるですが、ALLOWED_HOSTS の配列にIPアドレスを記入した後にカンマ(コンマ)を間違えて記入しているがために引き起こされるエラーです。

ついついカンマをリストの最後尾につけてしまい出るエラーなので、カンマを排除しましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

以上が、「【django】DisallowedHost at / Invalid HTTP_HOST header:のエラーの解決方法」の解決方法になります。

記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。