【Python】pipenvでpipfile内環境をローカルにインストールする

例えばPythonユーザーが新しくMacを購入したり、新しいプロジェクトに参戦した時の、既存のPipfileから自分のローカル環境内にpipfileの環境をインストールして構築する方法を紹介します。

環境

環境は以下になります。買ったばかりの最新M1搭載のmacbookproになります。

環境

・macOS Big Sur

そもそもpipenvとは

Pipenvは手動でパッケージのインストール及びアンインストールを行うのと同じようにPipfileに対してパッケージの追加と削除とを行います。

また自動で開発用の仮想環境を構築し管理します。

昨今のPythonの開発環境では必ずと言っていいほど使用されています。

確認

まずはそもそもpipenvが入っているか確認します。

not foundなので、インストールされていないことが確認できました。

Macの場合はbrewにインストールします。

この時に、pipenvのパッケージに付随してpython3.9という自分が望んだバージョンがインストールされる場合もあります。

もしバージョン違いで困る場合は、後述するpipenv shellで立ち上げるディレクトリで以下のコマンドでバージョンを指定するとそのバージョンで動かせることができます。

そもそも「brewって何?」って人はこちらから。

ちなみにpipを使用の場合は下記コマンドで実行

再度確認します。

確認できたので、無事インストールが完了しました。

環境構築

早速、仮想環境を構築します。

今回の場合は、既に他の人が既に生成済みのpipfileデータを自分のローカル環境に構築する方法です。

まずは仮想環境の箱を構築します。

問題なくコマンドが実行されれば、仮想環境の場所とともにsuccessfullyの表示がされす。

次に作成した仮想環境内にpipfileをインストールします。

量が多いと少し時間がかかりますので待ちましょう。

errorが出現するパッケージもあります。

インストールできなかったパッケージは再度自分で解決方法を探すなりしてインストールを実行しましょう。

とりあえずこれでpipfile内のパッケージが使用できるようになりました。

早速仮想環境を立ち上げて実行します。

以上が、「【Python】pipenvでpipfile内環境をローカルにインストールする」の紹介記事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です