【2019年保存版】ベルリンカジノ ポーカーまとめ

ベルリンカジノ

ドイツの首都にあるカジノ、ベルリンカジノ。近くにはフィルハーモニー管弦楽団、ブランデンブルグ門、国会議事堂等があり、いずれも歩いて行ける距離の中にベルリンカジノがございます。

 ベルリンカジノ について

カジノフロアは3階建てになっており、ポーカーは3階でプレイできます。

 営業時間

営業時間:毎日 11:00 ~ 5:00 

 入場料

エントランスフィー:2.5€

 ドレスコード

 Tシャツ、半パン、運動靴も問題なく入れました。荷物があると入場後に無料ロッカーに預けるように指示があるので、従ってください。

 その他

パスポートが必要です。

 場所

すぐ近くのポツダム広場にソニーセンターという複合施設があり、美味しいレストランも多数あります。

 ポーカーテーブル(キャッシュゲーム)

ゲーム(€)Omaha
Pot Limit
Blinds2/4
Texas Holdem
No Limit
Blinds 2/2
Texas Holdem
No Limit
Blinds 5/5
手数料?約7%?
備考常時オープン常時オープン人が増えるとオープン
waiting
  • 稼働し始めるのは16:00~がデフォルト
  • 18時で1卓ずつ、オマハとテキサスホールデムが開いている状態
  • ナイスハンドで勝った場合はディーラーにチップをあげましょう!
  • 水以外のドリンクは有料

 ポーカートーナメント

トーナメントは毎日行われています。

ホームページで確認もできます。3日間通いましたが、参加人数は大体40-50人くらいだったと記憶しております。

 ヒロが 3日通った結果

収支報告を載せます!

日にち6/146/156/16合計
実働(h)2439
キャッシュゲーム+576-40150686
勝率2日勝、1日負=66%
時給76.2€

3日通って、現地プロとひどい素人がはっきりテーブルでわかる構図でした。

  • 1日目:最初、人数がいないからっていう事で3人でキャッシュゲーム始める。ヒロ除く2人は現地プロで、上手なのと、久々の3人プレイでボコボコにされる。しかしその後、テーブルが埋まっていきmax10で、ひどい素人を徹底的に突きまくって勝ちにのせる。
  • 2日目:低調でした。
  • 3日目:左隣の親父のブラフ見破られず。トータルプラスだが、大きく損失。
初日の勝ち

 客層

たった3日でしたが、客層はこのような感じでした。

  • 現地プロ3人
  • ビギナーレベル2人
  • 偏差値50君3-4人

これはたまたまですが、3日目は中国系のビギナーレベル若夫婦2人がチップをばらまいていました。ほぼ全員にカモにされていたので・・・。

 まとめ

 こちらのポーカーもスペインと同様に空調が底冷えする程の寒さがないので、快適に過ごしやすかったです。

テーブルマナーもスペインと同様でバッドビートを食らってしまうと、普通は怒ったり、文句を言って立ち去ったりしますが、顔を赤らめながらも検討を称え合うという素晴らしい習慣が根付いていました。

ベルリン にポーカーをしに行くまでに、こちらの本を読んで強くなることをお勧めします。