【初級〜上級まとめ】オススメするポーカー本

ポーカー

IR法案も関連し、ここ数年の間に日本でもポーカーのテキサスホールデム人口が増えるに比例して、ポーカーに関する本も増えてきました。

「ポーカーが上手くなるために、どんな本を読めばいいのかわからない!」

って言う人のために、ヒロヤン的にまとめてみました。

以下で紹介する本は全てこれまでヒロヤンが読んできたもので、ヒロヤンも先駆者たちの本を読んで学んで強くなってきました!!

ポーカー初級

「ポーカー始めたばかりですが、どうしたら強くなりますか?」

「ポジションってなんですか?」

「スターティングハンドってなんですか?」

以上の疑問に答えられるのがこれから紹介する初級の本になります。

運と実力の間(あわい)


世界のヨコサワさんも有名ですが、東大卒日本で有名なプロポーカープレイヤーの一人、木原直哉さん著書の一冊です。

ポーカーの戦略という部分に関してはほぼありませんが、WSOP(ワールドシリーズオブポーカー)で優勝するまでの過程を通して、どのような道を歩みどのような思考で至ったのかを読みやすく書いた一冊です。

功名心にかき立てられる一冊です!!

トーナメントポーカー入門


2010年代前半の日本のポーカー黎明期に一石を投じた本です。

ポーカーの基礎、戦略、数学的思考を教えてくれる教科書のような一冊です。

内容も非常に読みやすく読んで間違いありません。

ちなみに作者のSHIMADAさんはTwitterでもよくポーカーのTweetをしていらっしゃいます。

フィル・ゴードンのポーカー攻略法入門編


ワールドポーカーツアーチャンピオンのフィル・ゴードン氏著書の一冊。

文字が大きくて読みやすいです。

何よりベッティングパターンや、フロップターンリバー、各段階でのベッティングパターンを分かり易く、絵と解説で記述してありますので、とりあえず迷ったらこの一冊を購入することをオススメします。

ポーカー中級者

リングゲームやトーナメントに出場してポーカーの手順はつかんだよ!!

ゲーム進行はわかったけど中々優勝できない!!

以上の人にオススメします。

場面や状況に応じてどのようなプレイをすればいいのかわからない人へオススメするのがこちらの中級者向けの本になります。

ガス・ハンセンのポーカーミリオンロード


2007年のオージーミリオンズでチャンピオンとなったガス・ハンセンの最初から最後までの全てのハンド履歴を本に記している濃い内容です。

いわゆる、「手の内を全て見せますよ」って内容です。

読み終わるとテンションが上がります笑

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 実践編


初級で紹介したフィル・ゴードンの入門編からレベルアップして実践編になります。

この本も同様にプレイ時の絵図が記されており、場面事の手札も絵図での記載で非常に読みやすいです。

とりあえず「ポーカーってどうしたらいいの?」

って人にはフィルゴードン氏の2冊をセットで購入することをオススメします。

アグレッシブポーカー強敵を倒せ


本の作者も謳っていますが中級者がトッププレイヤーを倒す為の一冊です。

なので、あくまでも複雑な計算や思考で君臨するトッププレイヤーの戦略を書いているのではなく、初級〜中級者がトッププレイヤーに勝つ為の戦略になっています。

ステップアップポーカー


ページ数が多いです。

数学的な思考はあまりないですが、理詰めでポーカーをプレイし、読者も考えさせられる一冊になっています。

オンラインポーカーで稼ぐ技術 上


HUD(統計ツール)を利用しての分析をせずに、実際の場面を絵図に交えてオンラインで稼ぐ方法を説明しています。

賭けの考え方


成功する為の思考習慣をまとめた一冊です。

もちろんポーカーのことも書いてありますが、全体的にポーカーでの所作よりも思考的な部分が多いです。

ポーカー上級者

「日本のアミューズを飛び出して海外のポーカールームに挑戦したい!!」

「全国規模の大会で優勝したい!!」

「オンラインでもバコバコしたい!!」

ここまで来たらポーカーの楽しさ奥深さも理解はできているかと思います。

一層の高みを目指して上級者が研さんするために読むべき本になります。

フィル・ゴードンのデジタルポーカー


HUD(統計ツール)を利用してのオンラインでの必勝法です。

実施のHUDのレクチャーがありますのでHUDを使い始めたばかりの人が読むべき一冊です。

位置付け的には上の下って言う感じです。

確率の考え方 ポーカーの数学的側面


数学嫌いな人は背けたくなるような内容です。

全編に渡り数学的思考で読み進めて行きますので、数字が苦手な人はきっと挫折するでしょう。

オッズの計算の仕方からプレイが本当に数学的に良いのか悪いのか、数学的に解決してくれる一冊です。

アグレッシブポーカー トーナメントを制覇しろ


大きなトーナメントで優勝するための、トーナメントでの序盤中盤終盤を戦略的に説明した内容です。

数学的思考もそれなりにしっかりと記述されており非常に良質な一冊です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

大切なのは本を読んで解釈し、実際のプレイでトライアンドエラーを繰り返してスキルを磨いて行くことです。

「読む本が多いよ!」って人は、フィル・ゴードンの「入門編」「実践編」の2冊で良いかと思います。



野球と同様にポーカーも常に進化し続けるゲームです。

昨年までルーズかと思われたプレイが、

「今じゃそれはタイトプレイだ!」

と言うような事はザラにありますし、

「本で読んだ内容通りじゃない!」

って言うことも勿論起こり得ます。

本が全てではないので、柔軟に理解をしていくことが大切です。

以上、【初級〜上級まとめ】オススメするポーカー本でした。

いつか強くなった皆さんと戦えることを祈って記事を書いてみました。

是非有効活用してください!

2020年最新ポーカー本おすすめ総まとめ