ベルリンカジノ最終日

1ヶ月近く戦ったポーカー生活も最終日です。結果としてプラス収支で無事終えましたが、ミスプレイ2連発で大きくスタックを減らしてしまいました。

  SPIELBANK BERLIN

営業時間:毎日 11:00 ~ 5:00

エントランスフィー:2.5€

  場所

  テーブルレベル

  • ビギナーレベル2人
  • 超ルーズ1人
  • ティルトでそんなに上手くないプレーヤー1人
  • 超ロック2人
  • ヒロ
  • 入れ替わり1人

  何が起こった?

MPポジションからAJoでコール。UTGが3BBでレイズをしてきたので。ヒロの隣のロック親父MPがコール。BTNコールで4人スタート。

ボードA 9 6  のレインボー。今まで2/3をショウカードでポットを獲得してきたので、間違いなくリスペクト値は高いので、そのままbetすることにしました。左のロック親父のみコールでついてきました。

ターンでA 9 6 2 がでました。引き続きレインボー。引き続きCBをヒロが打つと、ロック親父がなぜか2倍レイズ。

・・・??? なんだこのボードでレイズ??全く意味がわからん。このロック親父の場合だと考えらえるのは99だけだが、なぜターンで?なんで2が出たタイミングで?まず親父のハンドセレクションはA9,A6,A2ではないことは確か。となるとやっぱり答えは99になってしまうんだが・・・。とりあえずコール。そう、この「とりあえず」のコールが悲惨な結果に。リバーで強ベットしてくるのも親父の特性上あったはずでしたが・・・。そしてリバー

A 9 6 2 10 でこれはもう何も関係ないですね。チェックすると親父は案の定強めのbet。結局ヒロがAを見せてダウンすると親父が持ってたのは、64o。くそハンドを自慢げにショウダウンする親父。

「殴りてええええええ!!!!」

敗因

  • ターンで怪しさをひきづってしまった。
  • リバーでどういうアクションをするか決め切れずにコールをしてしまった。

まぁそんなこんなで、3時間プレイして、250スタートの400ゴールでした。

+150€

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です