広島県名物せんじ肉の紹介

せんじ肉

山口県出身のヒロヤンです。同郷で広島在住の友達からもらった「ホルモン揚げ せんじ肉」を食べて感動したので紹介します。

広島県名物せんじ肉とは?

昔から広島市内で作られていた「せんじがら」(ホルモンの珍味)を現代風に食べやすくした商品です。

ホルモンを油で揚げた商品で、食べだすと癖になり、ついつい食べ過ぎてしまう一品です。

広島を代表する珍味の一つです。

せんじ肉
・広島のソウルフード

・原材料は豚の胃袋(ガツ)

・油をカリカリになるまで揚げる

・塩等の調味料を混ぜて作られる

・メーカーによって、ハラミ(横隔膜)、砂肝、鶏皮などのバリエーションがある

せんじ肉が手に入る場所

広島県内のローソン、ポプラのおつまみコーナーでは鉄板おつまみとして置かれています。

せんじ肉を実際に食べてみた

市販で販売されているものはいくつかあるようですが、今回ヒロヤンが友達からもらったものが100円ローソンで売られているコスパも最高な逸品だったのでそれを紹介します。

  • ホルモン揚げせんじ肉
  • 100円/税抜
  • 大黒屋食品(株)
せんじ肉
ヒロヤン
口に入れた瞬間は、正直ゴムみたいな感じなのですが、そこから噛む度に旨味がレベルアップされていく感じがたまりません。
ポイント
1.匂いは特にしない

2.口に入れた食感はゴムみたい

3.噛む度に肉の旨味が口に広がる

4.永遠に噛んでいたい

5.→1.に戻る

しかも、これ100円ローソンで売られています。

友達は仕入れがあった際にまとめ買いをしているそうなのですがすぐに品切れになっているようです。

ヒロヤン
ネット通販で探しても見つからなかったので、東京での販売場所をメーカーに問い合わせませした。

生のせんじ肉を食べられる場所

こちらも友達から紹介してもらいました。

たこ焼きやベンテン

掲載確認みたいな文章が出ていたので、現在は実際に営業をしているか不明ですが、昔友達がここに通ってよく食べていたとのことです。(たこ焼きやなのにせんじ肉イカす)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

せんじ肉
・広島のソウルフード

・原材料は豚の胃袋(ガツ)

・油をカリカリになるまで揚げる

・塩等の調味料を混ぜて作られる

・メーカーによって、ハラミ(横隔膜)、砂肝、鶏皮などのバリエーションがある

で東京でも見つけられることを願います。

また広島に行った際に、生せんじ肉を食べるという新たな目標ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です