キーボードのタッチ音がうるさい人は仕事ができない

職場にいるキーボードのタッチ音がうるさい人、気になりますよね。

私も社会人になって色々な職場で働いてきて、そのような人に遭遇した時はとてもブルーな気持ちになりました。

本日は、そんなキーボードのタッチ音がうるさい人の特徴から、どうすれば気にせず仕事ができるようになるかまでを説明をしていきます。

キーボードのタッチ音がうるさい人の正体

私はこれまで経理から営業、現在はプログラマーとして、あらゆる年代の人が存在する部署で働いてきました。

それらの経験より、私が思うキーボード音がうるさい人は圧倒的にリズムが悪いです。

これはつまり単純に、下手くそすぎるキーボード入力からくるリズムの悪さがキーボードのタッチ音の悪さをひきたてているのです。

そして更に、自分でそのことを認識できていないのも原因です。

壊滅的な周囲への気配りのできなさも、一層下手くそすぎるキーボード音のうるささを引き立てます。

あなたがフリーランスや個人事業主ではない限り、仕事というのは一人でできるものではありません。

周囲へ配慮しながら、周りの人たちが協力しあってできるものです。

まとめると、キーボードのタッチ音がうるさい人の正体はこれです。

キーボードのタッチ音がうるさい人の正体

・下手くそすぎるキーボード入力からくるリズムの悪さ

・壊滅的な周囲への気配りのできなさ

キーボードのタッチ音がうるさい人の特徴

キーボードのタッチ音がうるさい人の正体を述べましたが、具体的にどんなところがうるさいのでしょうか。

滑らかに入力できない

先にも述べましたが、圧倒的にリズムが悪いのでキーボードを滑らかに入力できない人です。

滑らかに入力できない原因としては、間違った指で間違ったキーを押していることが挙げられます。

彼らは我流の変態的なキーボード入力に意固地になって、いやでも自分のやり方を変えませんので、改善の見込みのなさもここでも発揮をしています。

エンターキーがうるさい

「エンターキーに父親を殺されでもしましたか?」「エンターキーに恨みでもありますか?」っていうくらいエンターキーの入力がうるさい人はよく見かけませんか?

あのうるささはもはや病的です。

自己主張にしても半端ないです。

何より仕事道具に対する愛がありません。

会社のPCはあなたのものではありません。

エンターキーを強打する人は、家の冷蔵庫も、車のドアも、めちゃくちゃ酷く開け閉めしているに違いありませんし、エレベーターのボタンも、食券機のお釣りボタンも連打していることでしょう。

キーボードのタッチ音がうるさい社員

私の経験上キーボードのタッチ音がうるさい社員は40代の平社員の女性一択でした。

そして総じて独身でした。

キーボードさえ丁寧に扱えないのであればヒトも丁寧に扱えません。

まさに仕事のやり方も私生活に現れていると思います。

50代できちんと昇進している管理職や経営者の人はPCの利器を理解しているのできちんと使いこなします。

昇進できていない50代は人差し指で入力するような操作をしますが、周囲への配慮はしていますのでうるさくありません。

解決方法

キーボードのタッチ音がうるさい人の特徴がわかったところで、実際にどのように職場改善をしていけば良いのでしょうか。

うるさい人個人に自己解決してもらうのが手っ取り早いのですが、40代でもはや手遅れなパターンが多いです。

少しでもあなたの労働環境を良くするための解決方法を以下にあげていきます。

直接うるさいと本人に言う

先ずは本人が自覚していないパターンが一番なので本人に直接言いましょう。

直接言っても効果がないことがほとんどですが、精神的に少しだけビビらせるのも一つの手です。

しかしいきなり本人に言っても、やり返されたり仕返しをされると怖いので、先ずは部署の上長等に根回しをしておいて、会議等の場で吊し上げて賛同を得ることをおすすめします。

うるさい人のキーボードを見直す

うるさい人が使っているキーボードは大体が時代遅れのしょぼいキーボードであることも多いです。

メーカーもどこそれ?みたいな感じなメーカーのキーボードを使用していることが多いです。

今の時代、静音キーボードもありますし、シリコンカバーもつければうるさい入力音もほぼなくなります。

部署でキーボードの提案や、キーボード音がうるさい人のキーボードをこっそり取り替えてみてはいかがでしょうか?

BGMを提案する

職場改善会議なるものがあったら、BGMを提案してみてはいかがでしょうか?

ちなみにですが、私の職場ではBGMがかかっていますのでキーボード音がうるさい人がいても、BGMのおかげでかなりストレスは緩和されます。

耳栓やヘッドホンをして仕事をする

BGMを提案するに似ていますが、自分で一切の音を遮断するのも手です。

むしろ自分の好きな音楽を聴きながら仕事をすることで今より仕事が捗るかもしれません。

もし「なんで耳栓しているの?」と聞かれたら、「〇〇さんのキーボード音が公害レベルでうるさいからです。」とか言えばいいのです。

実はキーボードの音がうるさいのは自分だった

もしあなたが、実はキーボードが音がうるさい人だったら、改善しましょう。

ちなみに私は職業プログラマーでキーボードを見なくても入力でき、自称タイピングは鬼早く静音のつもりです。

その証拠が、タイピングゲームで名高い寿司打での記録です。

どうやってタイピングが速くなったのか

私がブラインドタッチ(タッチタイピング)をできるようになったのは、大学生の時です。

大学では論文を提出しなければならないことが多々ありました。

しかしながら毎回キーボードを見ながらタイピングをする自分に嫌気がさして、ブラインドタッチ(タッチタイピング)を3日かけて覚えました。

練習に使ったのは寿司打というサイトです。

練習方法としては、キーボードを全くみないで入力することを心がけてみましょう。

しばらくすると自分の得意不得意な特定のキーがわかってきます。

入力できないキーに対して、シールを貼って認識することで、そのキーも見ないで入力できるようになりました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

以上が、「キーボードのタッチ音がうるさい人は仕事ができない」の記事になります。

是非職場で、そのような人を見かけたら当記事を参考に改善を目指して行ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。