Twitter APIの開発者ユーザーのAccessTokenの入手方法

前回記事の続きになります。今回の記事では、開発に必要な「ユーザー単位で発行されるAccess TokenとAccess Token Secret」の取得方法を説明します。

開発に必要なキー

TwitterAPIの認証形態には次の2種類が必要です。

・User authentication: 特定のユーザーに紐づいた認証

・Application-only authentication: 特定のユーザーに紐づかない認証

この記事以降で取り扱うAPIによるデータの収集と活用では、ユーザー(自分のアカウント)のタイムラインを扱うので、User authenticationを使用します。

認証には、アプリケーション単位で発行される、上記で取得したAPIキーとAPI Secret Key、ユーザー単位で発行されるAccess Token と Access Token Secretの4つを入手する必要があります。

今回の記事では、開発に必要な「ユーザー単位で発行されるAccess TokenとAccess Token Secret」の取得方法を説明します。

サイトで確認

まずはTwitterディベロッパーサイトにアクセスします。

https://developer.twitter.com/en/portal/projects-and-apps

確認手順

左のタブから命名したアプリ名をクリックします。

上段部分に、SettingsかKeys and tokensが選択できるので、Keys and tokensを選択します。

Access Token & SecretのRegenerateをクリックすると画面に表示されます。

表示された内容を保持して、次回以降で利用をしていきます。

以上が、「Twitter APIの開発者ユーザーのAccessTokenの入手方法」になります。

次回記事では、pythonコードで自動でTwitterに投稿する方法を紹介します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です