Pythonファイルから自動でTwitterに投稿する方法

「pythonファイル一つで、自動でTwitterにツイートしたい!!」

今回はそのpythonファイルから自動的にTwitterに投稿する方法を紹介します。

また前段階として以下のTwitterアカウントで認証キーと、アクセストークンを入手しておく必要がありますので、まだの人は以下の過去記事を参考にお願いします。

環境

環境は以下になります。ちなみにヒロヤンの場合はpipenvでの環境開発を行っています。

環境

・OS Mac

・python 3.8

モジュールインストール

まずは必要なモジュールをインストールします。

ヒロヤンの場合はpipenv環境下で使用をしているのでpipenvにインストールを実行します。

macの人はbrewにて

Pythonコード

sample.py

ちなみに初めて投稿すると以下のエラーが出ます。

tweepy.error.TweepError: Read-only application cannot POST.

こちらはTwitterのAPIが、読み込みオンリーなのにPOSTがされようとしているからダメだよ、というエラーです。

TwitterAPI側を編集する必要があります。

Twitterのディベロッパーツール編集

何はともエラー除去の為にディベロッパーツールにアクセスします。

https://developer.twitter.com/en/apps/

こちらの自分のアプリの鍵マークをクリックします。

App permissionsのEditをクリックします。

デフォルトだとReadにチェックマークが入っているのでこれを最下段のRead+Write+DirectMessagesにチェックを入れてSaveをします。

これで完了!!と言いたいところですが、こちらの設定を変更した場合、再度各種APIを再生成する必要があるのです。

再度Keys and tokensの画面に進み、画面からRegenerateを選択します。

再発行ができたら、先ほどのsample.pyを書き直します。

準びができたのでいざ実行します!!

これでTwitter側を見ると、テスト投稿!! と投稿されているのがわかります!!

まずは初歩の初歩の投稿を紹介しました。

次回以降でより有効的に活用する方法を紹介していきます。

以上が、「Pythonファイルから自動的にTwitterに投稿する方法」になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です