Pythonファイルから自動でTwitterに投稿する方法

「pythonファイル一つで、自動でTwitterにツイートしたい!!」

今回はそのpythonファイルから自動的にTwitterに投稿する方法を紹介します。

また前段階として以下のTwitterアカウントで認証キーと、アクセストークンを入手しておく必要がありますので、まだの人は以下の過去記事を参考にお願いします。

環境

環境は以下になります。ちなみにヒロヤンの場合はpipenvでの環境開発を行っています。

環境

・OS Mac

・python 3.8




モジュールインストール

まずは必要なモジュールをインストールします。

ヒロヤンの場合はpipenv環境下で使用をしているのでpipenvにインストールを実行します。

macの人はbrewにて

Pythonコード

sample.py

ちなみに初めて投稿すると以下のエラーが出ます。

tweepy.error.TweepError: Read-only application cannot POST.

こちらはTwitterのAPIが、読み込みオンリーなのにPOSTがされようとしているからダメだよ、というエラーです。

TwitterAPI側を編集する必要があります。

Twitterのディベロッパーツール編集

何はともエラー除去の為にディベロッパーツールにアクセスします。

https://developer.twitter.com/en/apps/

こちらの自分のアプリの鍵マークをクリックします。

App permissionsのEditをクリックします。

デフォルトだとReadにチェックマークが入っているのでこれを最下段のRead+Write+DirectMessagesにチェックを入れてSaveをします。




これで完了!!と言いたいところですが、こちらの設定を変更した場合、再度各種APIを再生成する必要があるのです。

再度Keys and tokensの画面に進み、画面からRegenerateを選択します。

再発行ができたら、先ほどのsample.pyを書き直します。

準びができたのでいざ実行します!!

これでTwitter側を見ると、テスト投稿!! と投稿されているのがわかります!!

まずは初歩の初歩の投稿を紹介しました。

次回以降でより有効的に活用する方法を紹介していきます。

以上が、「Pythonファイルから自動的にTwitterに投稿する方法」になります。


プログラミング学習を効率良く進めるには…

私ヒロヤンがプログラミングを始めた頃は以下のような感じでした。

何から手をつけていいのか、わからない。

プログラミングを始めてみたけど、エラーが解決できない。

そしてネットで調べていくうちに膨大な時間が過ぎていきました。

私ヒロヤンの実体験より、プログラミングを効率的に学ぶために大切なことは以下のことだと考えています。

1. いつまでもダラダラとやらないで、目標を決定して短期集中する

2. マンツーマンで、わからない箇所は直ぐに質問をして即レスをもらう

.proでは私ヒロヤンが学習してきたプログラミング経験0からのpython/django、その他webサイト・サービス開発のコースが用意されています。

カウンセリング自体は無料なので話を聞いてみるだけでもいかがでしょうか?

また以下のリンク先ではdjangoを教えてくれるスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です