MacにVSCodeをインストール

MacOSにVSCode(Visual Studio Code)をインストールする方法を丁寧に紹介していきます。

そもそもVSCodeとは?

VSCode(Visual Studio Code)はマイクロソフトが開発したWindows、Linux、macOS用のソースコードエディタです。

カスタマイズ性が高いのと、何より他のIDE(総合開発環境)に比べ非常に動作が早く人気のある開発者環境ツールとなっています。

ヒロヤンも主に、Python、Javascript等での開発に利用しています。

環境

環境は以下になります。買ったばかりの最新M1搭載のmacbookproになります。

環境

・macOS Big Sur

公式サイトからダウンロード

公式サイトにアクセスします。

Download Mac Universalからダウンロードを実行します。

Chromeのブラウザを利用していると、下部にダウンロードバーが現れますのでクリックします。

しばらくするとダウンロードが完了します。

ファイルの移動

ダウンロードフォルダが開いたら、アプリケーションディレクトリにわかりやすいように移動をしておきます。

移動したら早速Visual Studio Codeをクリックします。

AppleStoreの公式ではないアプリをインストールして使用する場合は、このような確認作業のダイアログが表示されます。

初回だけですので、開くを押せば問題ありません。

インストール完了

何も問題なければすぐにトップ画面が開きます。

これだけ。非常に簡単。こんな簡単なインストールでこんな素晴らしい開発環境を無料で使えるなんて、恵まれすぎです!!

以上が、「MacにVSCodeをインストール」の紹介記事になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です