フランスのルーレットに賭ける方法

スロット、ポーカー、ブラックジャック、バカラなどに加え、カジノゲームの定番に数えられるルーレットには、長い歴史があります。

特にフランスでは、18世紀のフランス革命の後、市民たちの間で広く親しまれたことが知られています。

ヴィンテージのルーレットマシンは、美しい家具としてカジノゲームのプレーヤー以外からも多くのファンを集めています。

スロットマシンよりもさらに稀なアイテムであるため、オークション熱が高まります。

カジノの機種製造者はカジノライセンスを保持する必要があるため、誰でも製造できるアイテムではありません。

ルーレットへの賭け方

インサイド・ベット

ルーレットの回転が止まった時、ボールが内側の数字のどこに位置するかを予想する賭け方で、一番配当が高いのは、個別の数字に賭けるストレートアップです。

その他、隣接する2つの数字(スプリット)、または同じ列の3つの数字に賭ける(ストリート)、などの賭け方があります。

アウトサイド・ベット

ルーレットの外側の数字に対して、赤黒、偶数奇数などの賭け方をすることができます。

12の数字に賭けるコラムベット、12の数字(1ダース)毎に賭けるダズンベットの他、当たる確率が半々のレッドブラック、ハイロウ、オッドイーヴンといった賭け方があります。

アウトサイド・ベットにおいて、フレンチルーレットでは特殊なルールがあります。

それは、「アンプリゾンルール」といって、フランス語のEn Prison (刑務所)に派生しており、フランス革命の起源となったバスティーユ刑務所を連想させる用語です。

配当が2倍となるレッドブラック、ハイロウ、オッドイーヴンに賭けているときに、ゼロもしくはゼロゼロが出た場合の特別措置です。

多くのケースで、掛け金の半額がプレイヤーに返金されるので、アウトサイドベットを好む方に有利なルールです。

アナウンスメント・ベット

アナウンスベットは、テーブルに一定額のチップを置く前に、プレイヤーがディーラーに宣言(アナウンス)することで実現する賭け方です。

隣接する数字や列に賭けるのではなく、フレンチルーレットでゼロを巧みに使う賭け方です。

フランス用語と賭け方を紹介します。

ラ・パルタージュ(La Partage)

分割という意味の「ラ・パルタージュ」は、勝敗の確率が半々である赤/黒、偶数/奇数、ハイロウに適用されます。

プレイヤーがイーブンベットを行った上でボールが「0」に止まった場合、賭け金の半分がプレイヤーに返金されます。

ネイバーオブゼロ(Voisins du zéro)

このベットでは、ゼロの隣人「ネイバーオブゼロ」である17の数字に賭けることができます。

ゼロゲーム(Jeu zéro)

ネイバーオブゼロと似ていますが、「0」と周辺の6つの数字、計7つの数字に賭ける方法です。

フレンチルーレットが楽しめるオンカジ

KajinoCasinoのおススメのオンラインカジノランキングにあがっているベラジョンカジノは、オンラインカジノの中でも特にルーレットに優れた老舗・大手と呼ばれています。

バカラやブラックジャックと共にフレンチルーレットを搭載しているウィリアムヒルは、安心してプレイできる環境を求めるプレイヤーに安心できる環境を提供しています。

このように、ルーレットは知れば知るほど奥が深く、魅力に満ちたゲームです。また、オンラインカジノでは、現実のライブディーラーとゲームを楽しむこともできます。

コンピューターによってランダムに発生する確率に賭けるのではなく、ライヴ感を楽しむ絶好のゲームといえましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。