ポーカートラッカー4のオリジナルHUDカスタマイズ紹介

前回の記事でPokerTracker(ポーカートラッカー)4のHUDの使い方と初期設定を説明しました。

今回の記事ではPokerTracker(ポーカートラッカー)4のHUDのカスタマイズの方法を紹介し、そして私ヒロヤンがオリジナルにカスタマイズしたHUDを紹介します。

実際のHUDの基本操作を学ぶとともに、私ヒロヤンのオリジナルのカスタマイズのHUDを参考にすることで、使い勝手を理解することを目標としています。

今回の記事でのゴール

画像のように表示できるようになることです。

HUDを以下のように設定すると…

ゲーム進行画面で以下の通りに表示されるようになります。

それでは以降で説明していきます。

環境

環境

・Mac

PokerStars(ポーカースターズ)インストール済み

PokerTracker(ポーカートラッカー)4インストール済み

・ポーカーの基本的な用語は理解できる

※Windows版でも進められますが、これから説明する画面とは表示が違う箇所がある場合がある可能性がありますのでご注意ください。

カスタマイズする

構成を考える

一番シンプルなカスタマイズとしては、構成の上から順にプリフロップ→フロップ→ターン→リバーと、並べて見やすくすることです。

例えば以下のようにポーカーの1ゲームの手順の通りに並べていく構成にしてみました。

  1. トータル的な情報(アグレッシブか、リンパーか、レイズして入るか等)
  2. プリフロップ(1.と似ているがより複雑な情報)
  3. フロップ(フロップ時の情報)
  4. ターン(ターン時の情報)
  5. リバー(リバー時の情報)
  6. 結果(ショーダウンした時の勝率等)

といことで、編集画面からカスタマイズしてみましょう。

操作する

①…項目追加と削除 ②…項目表示編集 ③…ゲーム中の表示編集

①…項目追加と削除

+と−ボタンがありますが、項目の追加と削除の操作はこちらから操作することになります。

+ボタンを押すとどの項目を追加するかのウィンドウが表示されますので試しに押して適当に追加してみましょう。

②…項目表示編集

①で追加した内容を③の表示する箇所に名前や色をつけることができます。

試しに②のすぐ近くのPrefixの右のセルにマウスをクリックし「VP」と入力してみます。

またPrefixのすぐ下のPrefix Colorも黄色を選択してみます。

すると③の該当箇所に「VP」が追記され色も黄色になりました。

操作自体は非常にシンプルなのでこんな感じで色々いじってみましょう。

③…ゲーム中の表示編集

実際のゲーム画面での表示画面になります。

実際にカスタマイズする

これから紹介するのが冒頭でも紹介した私ヒロヤンのHUDの設定になります。

各項目の用語の説明に関しては下記にまとめました。

PrefixPokerTrackerでの用語意味
1Player Nameプレイヤー名
1(99)Hands Abbreviatedハンド数
1AFPreflop Aggression Factorプリフロップでのベット及びレイズの比率
1VPVPIP/Money Voluntary Put in Pot自主的にプリフロップに参加した割合
1PRPFR/Pre-Flop Raiseプリフロップでレイズした割合
2PFpre-flopプリフロップ
2ORraise first inオープンレイズした割合
23B3Bet Preflopプリフロップで3ベットレイズした割合
2F-3BFold to PF 3Betプリフロップで3ベットレイズにフォールドした割合
2L-Rlimp raiseリンプしてきた相手に対してレイズした割合
3FFlopフロップ
3CBContinuation Betオリジナルレイザーがコンティニュエーションベットした割合
3F-CBFold Continuation Betコンティニュエーションベットにフォールドした割合
3CRRaise F CBetフロップのコンティニュエーションベットに対してチェックレイズした割合
3DDonk Flopフロップでドンクベットした割合
4TTurnターン
4CBCBet Turnフロップでコンティニュエーションベットを打った後で、ターンでもベットしてくる頻度の割合(ダブルバレル率)
4F-CBFold to T CBetフロップでコンティニュエーションベットを打った後で、ターンでもベットした時にフォールドした割合
4BBet Turnターンでベットした割合
4DDonk Turnターンでドンクベットした割合
5RRiverリバー
5BCBet Riverフロップ、ターンで続けてコンティニュエーションベットを打った後で、リバーでもベットしてくる頻度の割合
5F-CBFold to RCBetフロップ、ターンで続けてコンティニュエーションベットを打った後で、リバーでもベットした時にフォールドした割合
5BBet Riverリバーでベットした割合
5DDonk Riverリバーでドンクベットした割合
6WTSDway to show downショーダウンまで行く確率
6WSDwin show downショーダウンでの勝率

設定が問題なければ実際のゲーム画面では以下のように表示されることになります。

補足

実際にゲーム画面では、

「自分で登録したけど何を意味するかわからなくなっちゃった。」

みたいな人がいるかもしれませんが安心してください。

ゲーム中に表示されているHUDの数字にマウスを合わせると詳細を表示してくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

PokerTracker(ポーカートラッカー)4の私ヒロヤンのオリジナルHUDカスタマイズを紹介させて頂きました。

HUDは選択肢を見ての通り数も多く奥も深いです。

自分がゲームを進める上で何を戦略的に考えて何を信じて行くのかは、これからのHUDを色々と編集しながら実際の使用感を実戦で決めて行けば良いと思います。

あくまで私が紹介したのはきっかけに過ぎません。

PokerTracker(ポーカートラッカー)4を使いこなして、強くなった皆さんといつの日か戦えることを楽しみにしています!!

以上が、「PokerTracker(ポーカートラッカー)4のオリジナルHUDカスタマイズ紹介」の紹介記事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です