周南市三丘(みつお)の三丘ゆめ広場にある「巨大すぎる椅子」

山口県周南市三丘(旧熊毛町)にある、最近ホットな名所の大きい椅子を知っていますでしょうか?

山口県指定有形文化財「徳修館」裏の小高い丘にある突如として現れる巨大すぎる椅子を紹介します。

概要

タイトルでは「巨大すぎる椅子」と紹介しましたが、正式名称は「学びの椅子」です。

正式名称学びの椅子
高さ4m
設置2018年9月

場所

地図上で「周南市 三丘徳修館」と検索するとすぐに出ます。

そのすぐ目と鼻の先の「三丘ゆめ広場」という所にございます。

駅まではかなりの距離になりますので車で行くのがベターです。

熊毛インターからだと車で1分もかかりません。

実際に行ってみた

私ヒロヤンは車で行きましたが、田舎なので駐車場も完備してあります。

公園から見えました!
不自然なまでにデカ過ぎる椅子!
もう少し・・・はぁはぁ
到着!でかい!デカ過ぎる!
登ってみた(意外と難しい)
椅子からの風景!天気が悪かったけど、遠くの田んぼまで見渡せます!
改めてパシャり。でかいなぁ。

おまけ

巨大すぎる椅子こと、学びの椅子のすぐ近くにコメリがあります。

県道8号経由で、周南市三丘徳修館から1knのところにあり、DIYからガーデニング・ペットなどお役立ちアイテムが多数販売されています。


最後に

いかがでしたでしょうか。

以上が、「周南市三丘(みつお)の三丘ゆめ広場にある「巨大すぎる椅子」」の紹介記事になります。

少子高齢化への危惧感から、地域のみんなの憩いの場所としても使えるように住民の有志で作られたとのことです。

実際に触れてみると手作り感があり、製作者の温もりを感じられます!

登るのは危険かもしれませんが、子供達の好奇心や冒険心をくすぐるには間違いありません。

これからも地元のシンボルとして輝いて欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です