【2020(令和2年)】山口県で猟師になる方法まとめ

猟師
白蛇くん
田舎では猟師の高齢化と減少が進み、鳥獣による農作物への被害が多発しているようですね。
ヒロヤン
かなり深刻なレベルです。今年も2020/5/8に県から「令和2年度狩猟免許試験及び狩猟免許更新のお知らせ」が公開されました。ヒロヤンの調べた知識と合わせて説明をして行きます。

山口県東部出身のヒロヤン@twitterです。山口県は高齢化による猟師の減少、宅地開発等による森林減少で、鳥獣が人里に来ては農作物を食い荒らし多数の被害が出ています。

事実、ヒロヤンの実家でも猪にタケノコ山をめちゃくちゃに掘り返されたり稲をなぎ倒されたり、タヌキにサツマイモを食べられたりと被害が多数あります。

そして行政に猟師の支援を要請しましたが、未だに来てもらった事はありません(涙)。最近は自ら決起して猟師になる人もおり、2020年(令和2年)山口県で猟師になる方法をまとめました。

読んで欲しい人

・山口県で猟師になりたい人

・山口県で猟師になるか悩んでいる人

実際の稲が猪になぎ倒された様子 ①
実際の稲が猪になぎ倒された様子 ②
ヒロヤン
狩猟を行うには、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」に定められている狩猟免許を取得し、狩猟者登録を受けることが必要です。

対象者

山口県に住所を有する満20歳以上(網猟・わな猟免許については、満18歳以上)の人が対象です。

2020(令和2年)度狩猟免許試験について

例年5月のGW明けに山口県のホームページで案内されます。

基本的に山口県は年1回になります。


令和2年度狩猟免許試験及び狩猟免許更新のお知らせ

※クリックでリンクが開きます

狩猟免許試験日程

ヒロヤン
今年は新型コロナウィルスの状況により、日程等に変更が生じる場合がありますので、こまめに確認することが必要ですね。


申し込み

HPから書類を入手し申し込み

書類は先述の令和2年度狩猟免許試験及び狩猟免許更新のお知らせ

の中にある、申請書の配布から狩猟免許申請書の項目から記述用紙(PDF)をダウンロードできます。

各農林水産事務所又は農林事務所から書類を入手し申し込み

岩国、柳井、周南、山口、美祢、下関、長門、萩の各事務所には申請書を配布しております。また詳しい職員の方もいるので話を聞いてみることも可能です。

ヒロヤン
ヒロヤンが実際に行った時には、実際の鳥獣被害状況や、年別の猟で仕留めた鳥獣数や、報奨金等も教えてくれました。相変わらず現役猟師は不足中とのことです。

提出

提出物

  1. 狩猟免許申請書
  2. 受験票
  3. 鉄砲所持許可を受けている者は、当該許可証の写し
  4. 鉄砲所持許可を受けていない者は、医師の診断書

提出先

住所地を所轄する農林水産事務所又は農林事務所に提出してください。

ヒロヤン
基本的には各受講日の7日前が期限ですが、申し込み期限には気をつけましょう!!

狩猟免許試験前日の講習会

提出物一覧とは別に、前日の講習会に参加するために狩猟免許講習会申込書を山口県猟友会長に申し込む必要がございます。

猟友会には入らないという選択肢もできるのですが、いきなり狩猟免許を取得してから猟ができるかと言えば、現実的に不可能でしょう。

最初は猟の先輩について行き、教えてもらうのが最善の策だと考えます。

また猟友会に入会するメリットデメリットは関しては農林水産事務所又は農林事務所に問い合わせたり、ネットにも先輩猟師の紹介がありますので是非調べてみてください。

ここの記事では猟友会に入る手で話を進めます。

山口県猟友会の狩猟免許試験講習会は基本的には、各会場の免許試験の前日に行われておりますので参加をしてください。

初心者講習を申し込んだ際にテキストを入手できますが、事前に学習をしておくこともおすすめします。


合計費用

白蛇くん
ヒロヤンさん、結局猟師になる方法は理解したのですが費用はどれくらいかかるのでしょうか?
ヒロヤン
それでは実際に猟師になるまでと、なってからの費用を説明します。

受講手数料

新規6,000円 猟友会会員4,000円 いずれも教本含む

(当日受付にて支払い可)

新規狩猟免許(わな猟免許)にかかる経費

猟師の免許を取得すると最初に申請関係費用と、猟師として仕事をしていく上で狩猟登録関係費用が年間に渡り下記の通りかかります。

申請関係費用

狩猟免許申請手数料5,200円
証明写真代約700~1,000円
切手代62円
医師の診断書約3,000円~5,000円
狩猟免許試験講習会6,000円
合計約15,000~18,000円

狩猟登録関係費用(年間経費)

申請手数料1,800円
狩猟税8,200円
大日本猟友会費2,300円
○○市猟友会費約2,500円
ハンター保険950円
わな標識(1枚50円)
わな表示(1枚400円)
合計約16,250~17,000円
ヒロヤン
年会費は公的にかかる費用のみを記載しました。当然これ以外に、装備品やわな代等の諸経費がかかってきます。

助成金が受けられる

区分助成の条件助成金額
第一種銃猟免許新規に第一種銃猟免許を取得し、当該年度内に銃の所持許可を受け、第一種銃猟の狩猟者登録をする事67,000円
わな猟免許新規にわな猟免許を取得し、当該年度内にわな猟の狩猟者登録をする事15,000円

※第一種銃猟免許について、平成31年3月末日以前に、既に銃の所持許可を受けている場合は20,000円になります。


猟期

猟友会に入会した場合、猟期が決められています。

山口県の猟期は11/1~3/31と決められていて、その間で狩猟をします。それ以外の場合だと、事前申告と事前承認を経て自分の土地に仕掛けることが可能になります。

いざ狩猟の世界へ

いかがでしたでしょうか。猟師になる方法及び費用に関して説明を読んで頂ければ理解できたかと思います。

昨今の山口県を含めた田舎では鳥獣被害は増えているのに、退治できる猟師は減っていることで大変重宝されつつあり、自治体も非常に協力的な環境が揃いつつあります。

Youtubeでもハンターの日常や狩猟の事に関する情報は多数アップされておりますので、当ブログと合わせて有益に情報を使用して頂ければと思います。

猟師のリアルな日常が描かれたこちらの漫画で「猟師とは?」を知ることも大変有意義かと思います↓↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です