Pythonを使ってかっこいい画像を作成してみる③

apple

前回は日本語ををうまく利用して、画像に使用することができました。それでは次は画像を面白く切り取ってみる事にチャレンジしてみましょう。更に切り取ると同時に、色合いも元の画像のものを着色してみましょう。

ゴール

Macユーザーなので、シンボルマークにスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学卒業式のスピーチを組み合わせてみましょう。「stay hungry stay foolish」のあれです。

この画像を使って
こうなります

appleのシンボルマークに、色合いもきちんと生成されていますよね?これを目標に作成してみます。

おすすめする人

難易度★★☆☆☆
時間★★☆☆☆
汎用性★★★☆☆

環境

Mac10.14
python3.7

手順

モジュールのインストール

必要なモジュールをpip環境下にインストールします。

$pip install image

$pip install matplotlib  

$pip install stopwords  

必要物の準備

  • 元になる画像
  • text=””で使う文字列

元になる画像

画像は正直何でもいいのですが、「背景が白」というルールだけは必ず守ってください。

 jobs_speech=””で使う文字列

 コーディング

ヒロヤン
無事できましたね!
試しにいろんなものを作ってみてください!

いかがでしょうか?自分なりにアレンジしてみて、かっこいい画像を作ってみてください。

番外編

こんな画像も作成できますよ

「よく暴走する汎用人型決戦機」
「某ドカン業のイタリア人と緑の恐竜」

以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です