タバコのポイ捨をするタクシー運転手がいたので会社を突き止めて報告した結果

以前にもタバコのポイ捨てに関する記事をかきました。

予想以上の反響を頂きありがとうございます。

前回の記事だと、タバコのポイ捨てをする人の結論は「逮捕されない」で、逃げ得でありそんな人たちに有益な記事を与えてしまったことにもなってしまいました。

というわけで今回は・・・タバコのポイ捨てをするタクシードライバーって多いですよね。

そんなタクシードライバーがタバコをポイ捨てする証拠を動画におさめ、所属会社を突き止めて報告しました。

結論から言えば、結果としてタクシードライバーが禊(みそぎ)をした話をします。

予め言っておきますが、ヒロヤンは喫煙者に対しては嫌悪感も何もありません。

ただタバコを平然と「ポイ捨て」するクズっぷりが許せないのです。

タバコの「ポイ捨て」犯罪者は犯行前にそぶりを見せる

2020年2月の夜でしょうか、タクシーが停まれるくらいの余裕がある道路の歩道を歩いていたところ急に煙ってきました。

タクシードライバーがタバコを吸っているのです。

場所は港区で、「みなとタバコルール」なる条例が定められているようです。

タクシードライバーは既に条例違反ではあるのですが、別にヒロヤンからしたら条例で定められていようがきちんと携帯灰皿にでも捨ててもらえれば気にはしないレベルだったのですが・・・あからさまに周りをキョロキョロとし始めました。

ヒロヤン「こいつはやる・・・絶対にポイ捨てする・・・!」

そう考えたヒロヤンは、咄嗟に携帯を取り出し撮影を開始しました。

そしてポイ捨ての瞬間を動画におさめたのでした。

(あぁ、また残念な気持ちで悲しくなったぞ・・・)

喫煙事態は全く問題ないと思っているヒロヤンですが、公共の場で恥ずかしげもなくタバコをポイ捨てする奴はクズだと思っています。

そしてこれが証拠写真です。

ヒロヤン「あの、ポイ捨てダメじゃないですか?」

タクシードライバー「・・・。」

犯人のタクシードライバーは何も言葉を発せずにこちらを睨むように立ち尽くしていました。

年齢は40代中盤といったところですが、これまでの人生特に怒られもせず、怒られても反省もせずにタバコをポイ捨てしててきた人生だったのでしょう。

これは一度でいいから痛い目にあってもらわないといけません。

そう考えたヒロヤンはこのタクシーランプから会社を割り出せると考えその場を後にし、該当のタクシー会社に連絡することにしました。

ちなみにこれは今年の2月のコロナで非常事態宣言が発令される前の話ですが、泣けるのがタクシーにオリンピックエンブレムが貼ってあるのですよ。

世界各国の人たちがこれからどっと東京にやってきて、日本人のなおもてなしをしよう!!そんな気運は少なからずあったかと思います。

何より一番に世界各国の人たちに接するであろうオリンピックエンブレムを貼ったタクシー会社の運転手がタバコのポイ捨てをするのは非常に悲しいですね。


タクシー会社に連絡

この会社かはタクシーランプですぐにわかりました。

そしてメールを送りました。


お問合せ内容 : 苦情
お問合せ詳細 :

ナンバー:○○-○○

発生日時:○月○日 場所:○○ 
タクシー上部のタクシーランプで調べたところ御社でした。(画像もあります)

こちらのタクシー乗務員と思われる男性がタバコのポイ捨てをしていました。

——–続

タクシー会社から連絡が来ない

先述した通り、2月の話でまだコロナ禍の手前であったはずですが、メールが返ってきません。

通常このての連絡って2-3日くらいで返信があるはずなのですが。

(そのまま時が過ぎるのを待っているのか?)

既に12日も過ぎていたので催促しました。

お世話になります。
こちらのメールの件どうなりましたでしょうか?

by ヒロヤン

催促したら白々しく速攻で返信が返ってきました。

ヒロヤン
このような企業体質はやばいですね~

企業からは、本人の事実確認をさせていただくにあたり場所をお送りください、とのことでした。

白々しい、いや、白々しい!!風化させようなんて、そうはさせません。

ということで、詳細を事細かく書いて画像も添付してお送りしました。

企業の調査結果

企業から返信がありました。

本人への聞き取り調査の結果

・本人は認めた

とのことでその後は

・会社がその場で指導をした

・他乗務員にも路上喫煙の周知徹底をした

・本人同行の元、管理者と周辺場所の清掃の実施をした

との連絡がありました。

禊(みそぎ)

きちんと清掃の様子の写真が送られてきました。

きっとこれまでの彼の40数余年、タクシードライバーとして街中にタバコを捨ててきたはず。

これだけのみそぎの掃除では到底釣り合うとは思いません。

最後に

前回の記事よりタバコのポイ捨てを見たからと言って(動画で撮影した)、それだけでは逮捕はできないことは実体験より説明をしました。

つまり彼らはタバコの吸い殻を捨て放題なわけです。

結局そんな人たちが減らないのも逮捕できないからですし、社会的制裁を受けられないからです。

本当に気分が悪いです。

今回ようやくそんな逮捕できない犯罪者の方にみそぎを受けてもらったのは少しだけ、ほんの少しだけスッキリしました。

しかしながら12日間もメールを蔑(ないがし)ろにした企業にも相当気分が悪いですが、いずれにしてもそんな企業体質なので、所属する社員のレベルのたかも知れますね。


2 件のコメント

  • タクシー運転手は常識がない人が多いようですね。普段からこうしてポイ捨てをやっていて、注意されたことがないから感覚が麻痺しているのでしょうか?私はマンションの清掃パートをしております。そこのマンションの管理会社に雇われているのではなく、清掃会社からの派遣という形なので、あくまでも清掃員にすぎません。清掃しているマンションの隣に4階建ての小規模マンションがあるのですが、そこの居住者が、近くのコンビニで毎朝ワンカップ大関を買っては、歩きながら飲んで、ビンを私が清掃しているマンションの植え込みに捨てて行きます。かれこれ3ヵ月続いておりますから、数にするとそろそろ100本になろうかと思います。一度現認して、犯人の後をつけて自宅を確認。どこそこのあなた、酒ビンを不法投棄するのは辞めて下さいとはっきり警告しましたが、警察沙汰にならないことを知っており、一向に辞めません。私が毎朝ワンカップ大関のビンを回収するのをヘラヘラ笑いながら見ています。購入先のコンビニの店員達にはいい人を演じており、元タクシー運転手だったことまで話していました。ですので、コンビニの店員に不法投棄の話をしたら驚いていました。清掃しているマンションの居住者ではない奴が捨てたゴミを何で私が片付けなければならないのかと泣きたいのを我慢して、仕事だからと割り切ってやっていましたが、それが大きな精神的負担となり、せっかく宿った命を流産してしまいました。元タクシー運転手に対して「この人殺し」と直接言いたいところですが、絶対に自分のせいじゃないと開き直ると思います。犯人探しに協力して下さったコンビニ店員にはこのことを話しました。お酒を売る店には罪はありませんが、流石に今回のことは黙っているわけにはいけないので、元タクシー運転手がワンカップ大関を買いに来たら、不法投棄された酒ビンを毎日回収している清掃員の女性が、精神的負担から流産されたそうですよ。まさか、お客様が捨てているんじゃないですよね?と言ってくれるそうです。もう一度言いますが、タクシー運転手は常識がないです。

    • 毎日大変ですね。心中お察しします。
      そうですね。ここまで常習性が高いようでしたら、携帯で犯行現場を撮影して警察に通報するのが手ではないでしょうか。
      もしくはビンの清掃を停止すればどんどんゴミが溜まっていくことになりますので、周辺の住民も警察も見てみぬふりができなくなるかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です