VSCodeにpipenv環境のPythonを参照させる

業務ではEclipseとVSCodeの両方を使用しているヒロヤンですが、pipenvの環境下のPythonをvscodeに読み込ませる方法を紹介します。

環境

・OS : Mac

・python 3.8

・pipenvを理解している

・pipenvで環境構築済み

VSCodeにPython(拡張機能)のインストールをする

VSCodeを拡張するためにはインストールしたVSCodeにブラウズできる無料のPythonツールをマーケットプレイスからインストールする必要があります。

下記の通り左のテトリスみたいなブロックを選択し、選択項目にpythonと入力します。

一番上に出てきた「Python」をクリックし、インストールを実行します。

こちらをインストールします。

pipenvで作動しているPythonの場所を確認する

ターミナルからpipenvを起動させてPythonの実行パスがどこで行われているのか確認する必要があります。

これでpipenvが立ち上がりました。

立ち上がったらPythonの実行パスを確認するために下記コマンドを入力します。

すると私の場合は以下のコマンドが返ってきました。

pipenvはこちらに保存されているpythonを実行していることがわかりました。

こちらのパスは後ほど必要になりますのでどこかにメモしておきましょう。

設定ファイルを開く

設定ファイルを編集させなければならないのですがまずはその場所まで到達しなければなりません。

VSCodeを立ち上げた時の左下の歯車マークで設定ができますのでこちらをクリックします。

そしてクリックしたらSettingsを選択します。

settingsの画面では右上のファイルっぽいアイコンをクリックします。

こちらはvscodeをインストールして、vsマーケットプレイスからpythonをインストールしたばかりだと何もないまっさらな状態となっています。

設定ファイルを編集する

ファイルが開かれている状態でこちらのコードを記入しましょう。

先述した「pipenvで作動しているPythonの場所を確認する」で取得したパスコードになります。

なのでこのような感じになるかと思います。



pipenvのPythonを参照しているか確認する

それでは本来のdjangoのファイルを開いてみると最初のような警告メッセージがなくなりました。

きちんと読み込まれているようです。

きちんと読み込まれていないようならVSCodeの左下のこちらをクリックしてみましょう。

するとこのようにいろいろなPythonの実行環境が出現しますのでsettings.jsonで設定したパスコードを持つPythonを選択しましょう。

これでバッチリです!

最後に

環境設定が無事整いましたがそれだけで満足でしょうか?

一層のvscodeでのdjango開発を優れたものにするために、下記ではdjanogのコードチェッカーでもあるpylint-djangoを設定する方法を説明しております。

スクールを利用して本格的に学ぶ

いかがでしたでしょうか?

10人中9人が挫折すると言われるプログラミングを、ヒロヤンも実はプログラミングスクールで学習をしてきたからで、結果、今はPythonエンジニアとして働いています。

挫折率が高いプログラミングこそお金を払ってメンターを付けて、道を見失わないように環境を構築する必要があるのではないでしょうか。

これはダイエットで自分一人では痩せられないけど、トレーナーを付けて否が応でもせざるを得ない環境を作ると一緒ですね。

ヒロヤンもプログラミング勉強開始直後はあれこれ悩みましたが、悩むよりも手っ取り早くスクールに登録した方が最短ルートで勉強できるのではないかと考え、結果挫折せずに今に至っています。

今なら無料でキャリアカウンセリングを行っているCodeCamp(コードキャンプ)のようなプログラミングスクールもありますのでこれを機会に是非カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

CodeCampで無料のカウンセリング

上記リンク先から無料相談ができます。

またこちら(↓)ではPython専用のプログラミングスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です