山口県を離れた山口県民が感じる山口県民の特徴

ちょるる

管理人のヒロは大学で上京するまでは18年間は山口県で育ちました。大学からは東京へ上京し山口県を離れていますが、離れて気づく山口県民が感じる山口県民の特徴をつらつら書いてみます。

 生活編

 まずは軽く県民性から(随時更新予定)

  • 職人気質
  • 寡黙
  • ストイック

 男性

男性は見栄でお金を使ってしまうことが多いような気がします(自分もそうなのですが)。使われる側としては嬉しいのかもしれませんが、どうぞ受け入れて懐の広さを味わってください笑。

 女性

 保守派が多い

歴代最多総理大臣を輩出しているように、政治で言えば保守派王国です。たまに共産党や幸福実現党も選挙運動をしていますが、その牙城を崩すのは難しいのではないでしょうか。

 宗教にハマる人が多い

田舎でやることがないと言えば語弊があるかもしれませんが、宗教にハマっている人(主に高齢の方)が多いイメージです。

エホバの商人、創価学会、天理教等、PL教、新生佛教教団、幸福の科学、ざっと名前を挙げましたが、宗教施設や看板がやたら多く感じます。都会のようにビルや飲食店が多数ないのでそう感じるのかもしれませんが、割と子供の頃からやたら目にしますし、勧誘や、選挙の時の呼びかけも多いです。

また田舎なので、「どこどこの家は○○教よ!」という噂もすぐに広まります。

違法行為を行っていれば大問題ですが、これと言って特に問題も起きずに平和が保たれているのであれば問題ないのかと思います。

 凶悪事件が多い

全都道府県統計的に見ればどうなのか分かりませんが、県外で聞く山口県のニュースは大犯罪が多いです。社会的に全国的にも反響があった刑事事件を載せます。

 光市母子殺害事件 / 1999年

https://ja.wikipedia.org/wiki/光市母子殺害事件

刑事訴訟:死刑(少年死刑囚・未執行)

当時18歳0か月の少年F(現姓O)により、主婦(当時23歳)が殺害屍姦され、その娘である乳児(生後11カ月)も殺害された上、財布が盗まれた少年犯罪である。

 下関通り魔殺人事件 / 1999年

https://ja.wikipedia.org/wiki/下関通り魔殺人事件

刑事訴訟:死刑(執行)

山口県下関市の下関駅において発生した通り魔事件。5人死亡、10人が重軽傷を負った。

 山口母親殺害事件 / 2000年

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口母親殺害事件

刑事訴訟:後の大阪姉妹殺害事件で死刑(執行)

後に大阪姉妹殺害事件を起こす事になる当時16歳の少年(1983年8月21日生まれ)が山口県山口市で母親の頭を金属バットで殴り殺害した事件。

 山口・光高校爆発事件 / 2005年

http://yabusaka.moo.jp/hikaribakuhatu.htm

 2005年6月、山口県光市の県立光高校校舎2階の3年1組教室に、この学校の生徒がいじめの仕返しに爆弾のようなものを投げ入れ爆発させる。

 山口女子高専殺害事件 / 2006年

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口女子高専生殺害事件

犯人:自殺

山口県周南市にある国立徳山工業専門学校の研究室で、この学校に通う5年生の20歳の女子学生が、他殺体で発見された事件である。未成年の犯人は逃亡後、自殺体で発見された。

 山口連続殺人放火事件 / 2013年

https://ja.wikipedia.org/wiki/山口連続殺人放火事件

刑事訴訟:死刑(未執行)

山口県周南市金峰の集落にて発生した連続殺人・放火事件。集落の住人だった加害者(事件当時63歳)が自宅近隣に住む高齢者5人を殺害して被害者宅に放火した殺人・非現住建造物等放火事件。

 オピニオン

全員が死刑囚ではないですが、数年に一度全国規模で騒つくような凶悪事件を見ます。隣県が広島、福岡という発展した場所に比べて閉鎖的な場所で、更に保守的という県民性で、勝手に個人の解釈や妄想で凶悪事件を起こしてしまうのかもしれません。

 食べ物編

 刺身醤油は甘口べったり

これは間違いないです。県外に出ると途端に感じます。東北が塩味が強い醤油を使ったり、東京はいわゆる標準的な万人受けされるような特徴が特にないが逆に非の打ち所がない万能醤油を使ったりする中で、甘口べったりの醤油を好みます。

山口県民と海鮮を食べに行って、「刺身や寿司は魚本来の旨みを食べるのだから、甘口べったりの醤油を使うのは邪道だ!」なんて言わないで下さい。魚も美味いですが、一層口の中で旨みをアップさせるのに、甘口べったりの醤油が必要なんです。

スーパーの刺身や寿司を買った際も添付の醤油は、甘口べったりの小袋醤油が必ず入っています。

お節介な人が多い気がします。逆にそれだけ相手の事を想ってくれていると感じるのでありがたいとも感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です