【Python】importとfrom の違い

python

pythonでimportとfromの使い方をまとめてみました。

書き方

pythonに関して、例えばですが hiro モジュールの yan 関数をインポートして使用したい場合には

  1. import hiro
  2. from hiro import yan

と2つの書き方になります。

impotの書き方

1.の書き方では、hiro モジュールに定義されている、全てのクラスや関数を読み込みます。一度インポートしてしまえば、指定のモジュールで定義されている関数やクラスを全て使えることができますが、実行時には毎回モジュール名.yan()とモジュール名を頭につける必要があります。つまり

となります。

fromの書き方

2.の書き方では、実行するpythonファイルの頭に以下のような記述をします。

つまり、hiroと言うモジュールを持ってきて、その中にあるyanと言う関数を利用すると言うイメージになります。

実際に使ってみる

標準モジュールの一つである、datetimeモジュールを使用して、今日の日付を表示させてみます。

まずは確認するために、from A import B を使います。

もう一度いいますが、from datetime import date だと datetimeモジュールの中にあるdate関数を使用します。

この実行結果は・・・

出ましたね。では続いてimportモジュールだけを使用した場合ですがまずは関数が入っているか見てみましょう。関数=classですよ。

この実行結果は・・・

と言うことがわかりました。

それでは改めて

実行結果は

出ましたね。impotだけだと表示がされないのでimportモジュールの中にあるdate関数を入れないと日付は表示されないと言うことがわかりました。

参考

Python3でのファイルのimportの仕方まとめ



スクールを利用して本格的に学ぶ

いかがでしたでしょうか?

10人中9人が挫折すると言われるプログラミングを、ヒロヤンも実はプログラミングスクールで学習をしてきたからで、結果、今はPythonエンジニアとして働いています。

挫折率が高いプログラミングこそお金を払ってメンターを付けて、道を見失わないように環境を構築する必要があるのではないでしょうか。

これはダイエットで自分一人では痩せられないけど、トレーナーを付けて否が応でもせざるを得ない環境を作ると一緒ですね。

ヒロヤンもプログラミング勉強開始直後はあれこれ悩みましたが、悩むよりも手っ取り早くスクールに登録した方が最短ルートで勉強できるのではないかと考え、結果挫折せずに今に至っています。

今なら無料でキャリアカウンセリングを行っているCodeCampのPythonコースのようなプログラミングスクールもありますのでこれを機会に是非カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

CodeCampで無料のカウンセリング

上記リンク先から無料相談ができます。

またこちら(↓)ではPython専用のプログラミングスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です