【今すぐ辞めろ】取引先や上司との接待ゴルフは単なるクソ仕事

社会人になってゴルフを始める人は多いと思います。しかし中には取引先との付き合いや接待等で嫌々コースデビューをしてしまう方も多いと思います。

仲間内で楽しむ分にはいいのかもしれませんが、上司や得意先とのゴルフは単なる仕事の延長の接待ゴルフで単なるクソ仕事です。

クソ仕事の接待ゴルフに付き合った過去

新卒で入社3年目、営業を始めた頃のことです。

上司
ヒロヤンくん、来月にメーカーさんとゴルフの交流会があるから参加な

当時のヒロヤンは営業職だったのですが、取引先、得意先含めてのゴルフコンペに強制的に参加をすることになってしまいました。

ヒロヤン
うぅ・・・まだ営業にも慣れていないのに、その上ゴルフ・・・お金もないし、どうすればいいんだ

営業担当者として、会社の売上を左右する顧客は非常に重要な関係です。その上に上司のメンツ、会社のメンツも考えると、・・・重要な・・・ミッション・・・そう、当時はそう考えていたのでした。

そして選択肢は一つしかありません・・・
「YES!」

ゴルフに無理して上司と無理矢理いくことで起こる弊害

ゴルフで出費がかさむ

結局ゴルフデビューを1ヶ月後にしたわけですが、経験者ならわかる通りいきなりゴルフビューしてゴルフができるわけがありません。

準備をしないとできないわけです。

金銭面
・ゴルフクラブ一式購入代(約10万円)

・コース代(約1.5万円)

・練習代(月1万円)

・ゴルフシューズ、ゴルフウェア・・・etc

ゴルフで時間も失う

ヒロヤン
弊害はお金だけではない・・・時間も失ってしまう・・・
時間
・ゴルフの練習時間

・ゴルフ場の手配

・上司や同僚の送迎

・そもそも貴重な休日の喪失

・出社後の挨拶やお礼メール対応

屈辱も待っている

実際のヒロヤンのコースデビューは結果が・・・

result
・first/score :160

・second/score:163

ホールラウンド中は・・・

result
・ボールを打つと毎回ありえない方向に行くので、走っておわなかればならない

・できない部下を上司が笑い転げる

ゴルフ付き合いを止めることで起こるメリット

ゴルフを辞めることで、逆に時間もお金も使わなくて済むので新しいことや、今までないがしろにしていたことができるようになります。

金銭面
・あらゆる面でお金の出費がなくなる

・家族との時間が増える

・自己投資の時間が増える

・ゴルフの出費にかけない分のお金を他に投資できる

どうしても必要な時

しかしながら、どうしても必要な時・・・

どうしても必要な時
・今後のキャリアを左右するくらいに必要な時

・特にこれといった息抜きや趣味がない時

・お金も時間も余裕がある

今後の人生を左右するようなくらいビッグなイベントなら構えて行ってもいいのかもしれませんが、20代でそんな状況に出会すのはまずないでしょう。

20代という、身体共に充実した時期に無理矢理会社付き合いでゴルフに行くことは、メリットよりもデメリットの方が遥かに大きいのです。

まとめ

とりあえず、あくまで「上司とのゴルフ」に重きを置いて書きました。

本当に共通な趣味で友達同士で楽しむ分には問題ないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です