【合格記録】オラクルマスターブロンズ(12c SQL基礎)学習時間や難易度などまとめ

オラクル認定資格オラクルマスターブロンズ(ORACLE MASTER Bronze)12c SQL基礎に合格しました。

今回合格するにあたり、学習時間や難易度なとをまとめましたので是非これから試験に挑戦を考えている人は参考にして頂ければと思います。

おすすめする人

・オラクルマスターブロンズSQL受験を考えている人

対象試験

・ORACLE MASTER Bronze Database12c(試験番号:1Z0-061)のオンライン試験

ヒロヤン
「ORACLE MASTER Bronze Database12c」に認定されるには、・12C SQL基礎とBronze DBA 12cの両方を合格する必要がありますが、今回紹介するのは12C SQL基礎の方になります。

基本スペック

あんた誰?

って思われるので簡単に自己紹介をします。

web系の自社開発企業にて入社したのが2020年の1月からになりまして、現在2年目です。

業務ではJavaScriptとPython(Django)がメインです。

データベースは読むけど、作成はしないです。

資格習得目的

興味と自己研鑽に尽きます。

かけた費用


テキスト代の3,960円(税込)になります。

学習期間

丁度2ヶ月です。

学習し始めたのは2020年1月の年明けからになりますが、1月は気が抜けて惰性でテキストの問題を解いていました。

2月に入ってこれはまずいと思い本腰入れました。

2月は平日は毎日最低2時間くらい、休日は最低5時間くらいは勉強していました。

実際のアプリの学習記録です。(偉そうに言ったけど実際平日2時間もしてなかったw)

1-2月でトータルは100時間くらいではないでしょうか。

学習フロー

まず最初に、オラクルの資格取得で有名な通称白本教材をやり込みました。


1月に始めたばかりの頃は、「1章を終えて1ヶ月で余裕だな!!」と思っていたら7章(全部で11章)くらいからは理解不能に陥りました。

大学受験の赤本より分厚いし。

こちらのテキストを全て読み込み巻末の模試2回分を2周した後に、Ping-tさんのweb学習に切り替えました。

最強WEB問題集Oracle Master 12c Bronze SQL基礎(1Z0-061)

そしてPing-tさんのサイト、なんと無料の神サイトです。(ありがてぇ…)

こちらのPing-tさんのサイトの問題430問を全て解きました。

試験を受けるタイミング

実は私は試験に1度正解率61%で落ちました。

合格ボーダーは65%です。

先に紹介したPing-tさんのサイトの模試、最強WEB問題集Oracle Master 12c Bronze SQL基礎(1Z0-061)では正解率は64-69%くらいでした。

実際にテストを受けた感想は、本試験の方がPing-tさんの模試と白本に比べて難しいです。


2回目に本試験で合格した時は、最強WEB問題集Oracle Master 12c Bronze SQL基礎(1Z0-061)での正解率は76-77%でした。

他の方の合格体験談を見ていても、大体75%以上を安定して取れるようになっていれば本試験での合格はかたいです。

合否結果は受験後直ぐにわかります。

難易度

とりあえずノー勉強からなら2-3ヶ月で100時間以上の学習時間を割けば取れる資格でしょう。

体感的に基本情報技術者と比肩するくらいです。

実務でSQLをバリバリ触っている人なら正直白本を1周すれば取れるかもしれません。

きちんと理解するにはやはり手でコードを動かして理解を進めることが大切です。

こちらの記事では実際のwebでの実行環境のサイトを紹介しています。

受験者へのアドバイス

120分で75問は全く時間が足りません。

足りない理由としては模試に比べて消去法の問題が出題されるのではなく、冗長的なSQL文が頻発するので真面目に隅から隅まで読んでいたらとてもじゃ間に合いません。

長い文章でも、型違いを問題としているのか、構文順序を問題としているのかなど、出題の意図をとにかく早く見つけて解決していくことが大切です。

あとは、重箱のすみを突くような問題が多いのも特徴です。

いわゆる引っ掛け問題的なところも多々あるので、SQL全文は読まなくても良いですが意図しているところを早くに汲めるようにして問題を進めることが大切です。

これからどうするのか

オラクルマスターブロンズの12c SQL基礎には合格しましたが、まだオラクルマスターブロンズに合格したとは言えません。

「ORACLE MASTER Bronze Database12c」に認定されるには、・12C SQL基礎とBronze DBA 12cの両方を合格する必要があります。

今現在は、Bronze DBA 12cの学習を始めました。

引き続き自己研鑽していきます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

以上が、「【合格記録】オラクルマスターブロンズ(12c SQL基礎)学習時間や難易度などまとめ」の紹介記事なります。

是非これからチャレンジしようと考えている人や自己研鑽で資格習得を考えている人は是非参考にしてトライしてみてください。

スクールを利用して本格的に学ぶ

10人中9人が挫折すると言われるプログラミングを、ヒロヤンも実はプログラミングスクールで学習をしてきたからで、結果、今はPythonエンジニアとして働いています。

挫折率が高いプログラミングこそお金を払ってメンターを付けて、道を見失わないように環境を構築する必要があるのではないでしょうか。

これはダイエットで自分一人では痩せられないけど、トレーナーを付けて否が応でもせざるを得ない環境を作ると一緒ですね。

ヒロヤンもプログラミング勉強開始直後はあれこれ悩みましたが、悩むよりも手っ取り早くスクールに登録した方が最短ルートで勉強できるのではないかと考え、結果挫折せずに今に至っています。

今なら無料でキャリアカウンセリングを行っているTechAcademyのようなプログラミングスクールもありますのでこれを機会に是非カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

TechAcademyで無料のカウンセリング

上記リンク先から無料相談ができます。

またこちら(↓)ではPython専用のプログラミングスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です