プログラミング未経験者がPythonを半年間勉強した結果

こんにちは。文系・プログラミング実務未経験・アラサーのヒロヤン(@Hiroyan_python)です。

半年前からプログラミング未経験からPythonの勉強を始め、ポートフォリオを作成して内定を頂き、年明けからweb系自社開発企業で働くのですが、自分が半年間してきたことを記入したいと思います。

環境

侍エンジニア塾に入塾しました。今考えたらテックキャンプDMM Web Campみたいなスクールでしっかり学んで最短でエンジニアになれば良かったと考えてもいます・・・


ちなみに侍エンジニア塾の内容は

  • 全て講師とマンツーマン
  • 自分のやりたいことができる
  • いつでも質問ができる


今年の上旬に会社を辞めてから海外を周遊しながらプログラミングを学びたかったため、リモートでも学べ且つ自分のやりたいことをできるエンジニアスクールを探していて決めました。

しかし侍エンジニア塾は高額で講師の質も最悪なのでやめておきましょう。

目標

最終目標は2つ決めて、そして3.で到達という設定をしました。

  1. フリーランスとして案件を獲得(できれば月30万)
  2. アプリ開発
  3. 2.ができてweb系でPython、Djangoが使用できる会社に就職

経過

1ヶ月目

前半

  1. プロゲート
  2. ドットインストール

最初はHTML、CSSでフロント側を学んだ後、Pythonの勉強を始めました。

HTML、CSSではポートフォリオも作成せずに、ひたすらプロゲートとドットインストールの繰り返しでした。

後半

  1. paiza
  2. 講師の野球のコードの宿題

プロゲートとドットインストールで要領を掴んできたあたりから、paizaでの勉強をし始めました。

スキルチェックは割と楽しくやれて1ヶ月経てばDランクは全て解き終わりました。

達成したこと
・プロゲート(HTML、CSS、Python)

・ドットインストール(HTML、CSS、Python)

・paiza(Python)のスキルチェックD ランク全クリア


ヒロヤン
同時期に始めたTwitter垢を見ていると、おおよそ1ヶ月が終わるくらいで簡単なホームページを作成したり、結構焦る時もありました。その時講師は、「後にレベルの高い技術を習得すれば、案件を獲得した時にお釣りで帰ってきます。」ということでその言葉を信じてひたすら基礎固めを行いました。

pythonを体系的に学ぶために書籍も1冊だけ購入しました。


2ヶ月目

  1. 講師の出題するPythonの問題をひたすら繰り返す
  2. Linuxコマンド
  3. gitバージョン管理

Pythonに関してはまだまだ基礎固めを行いました。

別途Linuxコマンドも練習し、gitはこの時は、あまり理解はできていなかったのですが、コマンド入力はプロゲート等で練習はしていました。

達成したこと
・Linuxコマンド

・gitバージョン管理

ヒロヤン
正直成長をあまり実感できない期間でした。やはり目に見えてできる成果物なるものがないからでしょうか。

3ヶ月目

  1. 講師の出題するPythonの問題をひたすら繰り返す
  2. 4ヶ月目に作成するアプリの検討開始
  3. djangoの触り

この頃は4ヶ月目に入ってから作成し始めるアプリの要件定義について考え始めました。

またdjangoもそれとなく触れ始めたました。

達成したこと
・野球ゲームの完成

下記が作成したpythonプログラムで作成した野球ゲームになります。

要件定義を言えば

  • コンソールでのメッセージ表示で完結するプログラム。
  • 代打、代走、ピッチャー交代といった要素はなし。スタメン9人。
  • 三振、シングルヒット、2ベースヒット、3ベースヒット、ホームランが発生。
  • 5点以上取られたら、ピッチャーを交代。
  • 実際のセリーグのチーム名に応じて、全チームをペナントレースさせて優勝チームを決定する処理。
  • マジックの概念はなし。140試合終了時点で、最も「勝率」が高いチームを優勝チームと定義。
  • 優勝決定時には、順位表を出力。順位表の出力カラムは「チーム名」「勝利数」「負け数」「引き分け数」「勝率」「ゲーム差」の6つ。
  • 引き分けの定義は「12回終了時に同点」。
  • 勝率が同じ場合は、勝ち数の多い方とする。それでも同じ場合は1,2位のチーム同士で優勝決定戦する仕様。
  • 対戦カードは全チームと28戦する。対戦順序は任意。
  • パリーグでもペナントレースを実施する。
  • 年間140試合中18試合を交流戦とし、セ・パ両方のチームがお互いに3戦*6チーム分対戦する。それに際し、交流戦での優勝チームも決定する。

ヒロヤン
同時期に始めたTwitter垢が、更新ストップしたり突如消えたりし始めます。ライバルが消えてくれるのでその分頑張れる!と自分に言い聞かせてひたすら自己研鑽に励みます。

4ヶ月目

3ヶ月目での野球ゲームが終わったほころびから少しPythonで簡単な学びと遊びを始めました。

また実践的なフリーランスとしての案件獲得に向けてスクレイピングの技術も身につけました。アプリの要件定義と画面遷移も済んだので本格的にアプリの作成に取り掛かりました。

  1. Pythonで色々遊ぶ
  2. アプリ要件定義と画面遷移作成
  3. アプリの開発開始(まずは画面遷移ができるHPから)

アプリの要件定義と画面遷移作成に関してはExcelとPowerPointを使用しました。

理論上、画面遷移が全てできればあとは面と機能を実装すれば済むという考えです。

達成したこと
・wordcloudを使用した画像作成

・seleniumを使ったスクレイピング

・アプリの要件定義と画面遷移

ヒロヤン
スクレイピングというPythonらしいweb技術を学んだのは画期的でした。DjangoはPythonを使用しているようで、Pythonに見えない。また新しい言語のような感じに受けました。この頃からGithubもかなり使い込むようになりました。要は習うよりなれるですね。

5ヶ月目

  1. アプリ作成
  2. 就職活動

ひたすらアプリの開発を行いました。

また就職活動に向けて履歴書や職務経歴書を作成し、アプリが出来次第すぐに、企業にエントリーを多数しました。

そして内定もすぐに出ました。

達成したこと
・アプリ完成

・web系自社開発企業から内定

アプリの完成に関しては以下の機能を実装しました。

Djangoで実装した機能
・Google API

・GCP

・Google Maps Platform

・画像アップロード

・ログイン・ログアウト機能実装

・API認証を利用した各種SNSによる認証機能

・MySQLによるアカウント管理

・問い合わせ機能

・サーバーのデプロイ

ヒロヤン
アプリのデプロイ は本当に発狂しそうでした。おそらくプログラミングで一番挫けそうになったところでした。しかしデプロイを終えて外部公開できると、就活もあれよあれよと面接からの内定も出ました。

参考にしたのはこちらの2つの教材になります。

特にdjango超入門は高く感じますが解説が非常にわかりやすかったです。



6ヶ月目

  1. paizaCランクを概ね解ける
  2. クラウドソーシングで案件獲得
  3. Django復習
  4. Line-bot作成

当初決めた目標の案件獲得に主に励みました。

当初は月30万を狙っていたのですが、期間があれば積極的に狙える気概はありましたが、狙いませんでした・・・。

講師曰く「案件さえ取れれば、あとは何にでもなる。」の言葉を信じてひたすら申し込んでいたら3件も取れました。

講師の通り、一度でもクライアントをとってしまえばクライアントから立て続けに案件をもらえるので、逆に対応仕切れずに断ることもしました。

達成したこと
・paizaCランクを概ね解けるようになった。

・paizaBランクも解けた。

・クラウドソーシングで案件獲得。しかし金額は3件で6万。

ヒロヤン
クラウドソーシングの案件は、スクレイピングとline-botの開発でした

学習とその後

ざっと半年間でやり込んだことを書いてみました。

Twitter界隈でも言われていることですが、プログラミングの勉強に関しては

目標なしに、ゴールなし


に尽きます。

目標というはっきりとしたゴールがあればいくらしんどくでも腰を据えて達成できるのではないかと考えます。

ちなみにヒロヤンは、

  • 当日の目標
  • 1週間の目標
  • 1ヶ月の目標
  • 最終ゴール

を設定し、常に目標と乖離はないかを気にしつつ一切の煩悩を排除してストイックに勉強に励みました。

その他感じたこととして、Twitter界隈の人たちの意識の高さですかね笑(突然更新ストップ&消える人も多いのですが)。

これはかなり励みになります。

そして就活中に気付きました。

意識高すぎて完成したポートフォリもスキルが高いと現場のプログラマーに褒められました。

ここの部分は自分が頑張ってやってみて本当に良かったと感じています。

そしてTwitterで励ましてくださるフォロワーの皆様、ありがとうございます!!

NEXT→→就職編に関して

スクールを利用して本格的に学ぶ

いかがでしたでしょうか?

10人中9人が挫折すると言われるプログラミングを、ヒロヤンも実はプログラミングスクールで学習をしてきたからで、結果、今はPythonエンジニアとして働いています。

挫折率が高いプログラミングこそお金を払ってメンターを付けて、道を見失わないように環境を構築する必要があるのではないでしょうか。

これはダイエットで自分一人では痩せられないけど、トレーナーを付けて否が応でもせざるを得ない環境を作ると一緒ですね。

ヒロヤンもプログラミング勉強開始直後はあれこれ悩みましたが、悩むよりも手っ取り早くスクールに登録した方が最短ルートで勉強できるのではないかと考え、結果挫折せずに今に至っています。

今なら無料でキャリアカウンセリングを行っているCodeCampのPythonコースのようなプログラミングスクールもありますのでこれを機会に是非カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

CodeCampで無料のカウンセリング

上記リンク先から無料相談ができます。

またこちら(↓)ではPython専用のプログラミングスクールをまとめ紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です